Home > 05 海外 OB・OG会 Archive

05 海外 OB・OG会 Archive

ロンドン会のご報告

少し前の出来事のご報告になりますが、8月19日に、第11回OBAIESECロンドン会が催されました。日本で猛暑であったことが信じられないような爽やかな夕方でした。ロンドンはこの時期、最高気温が既に20℃を下回っています。


さて、今回の会場はまさにイングランドいった趣のあるパブ「The Old Bank of England」。店名の通り、旧イングランド銀行の建物を改造して現在はパブとして利用されており、カジュアルながらも天井が高く往時を偲ばせる雰囲気があるお店でした。


いつもながらの楽しい会となりました。

20100819_LondonOBAIESECParty 04.jpg 
右より、原さん、茨木さん。


20100819_LondonOBAIESECParty 05.jpg
右より、桑原さん、渡辺さん、山口さん、鶴見さん。


恒例の皆様に加えて、前回に引き続きAIのスーパーバイザーを務めていらっしゃった鶴見さん、初参加の川島さん、岸上さん、そして、Stanfordより夏季ロンドンにてインターン中だった原さんという総勢11名の会となりました。今回はパブという会場のためか、皆様いつも以上にフランクに談笑していたような印象です。あったという間に時間が過ぎていきました。

20100819_LondonOBAIESECParty 03-1.jpg
右より、原さん、茨木さん、桑原さん、渡辺さん、山口さん、鶴見さん、川島さん、古住さん、佐藤さん、岸上さん、渋谷。


次回は昨年に引き続き12月頃にクリスマスパーティーを兼ねて開催したいと考えています。
OBAIESECの皆様で、ロンドン、欧州在住の方、また、丁度ご出張等でロンドンにお越しの方はご参加下さい。
幹事までご連絡お待ちしております。


幹事(渋谷直毅、東大02年、shibuya.naoki?gmail.com)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

AJ(アイセック・ジャパン)アルムナイ上海会の発足

この度、TOLC 91/92 LCPの中山哲志氏よりAJアルムナイ上海会が
発足した旨の下記のご連絡が入りました。


皆様におかれましては益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。
さて、この度、オバセック上海会を(勝手に)設立させて頂きました。

ご存知の通り、私が現役時代は中国本土にアイセックはありませんでしたが、
現在のアイセックは、中国本土が非常に活発で、アジアの中心的な役割を
担っております。

私ども実業の世界でも、おそらく北京・上海を中心に、中国本土でご活躍の
OBOGの方々がたくさんいらっしゃると存じます。

そこで、不定期にはなると存じますが、是非とも上海在住のOBOGで集まれる
オバセック上海会を、今後開催させて頂ければと存じます。

上海在住の方、中国他地域在住の方、または上海に出張で頻繁に来られる方が
いらっしゃいましたら、幹事までご連絡賜れればと存じます。

何卒よろしくお願いいたします。

中山哲志(TO94)

連絡先:メールアドレスの?を@に変換してご連絡ください。

*上海在住:市原憲彦(KO/95) 
ichikofromshanghai ? yahoo.co.jp

*現在は東京在住(来年上海赴任予定):中山哲志(TO/94) 
Nakayama_sn ? r07.itscom.net

写真は、今年6月に上海出張の時に撮ったものです。

Photo_1.JPG
左から五島貴央氏(OS/94)と 市原憲彦氏(KO/95)

Photo_2.JPG
中央が藤井康則氏(CH/94)で、左は藤井氏知人の久野氏、右は同鈴木氏

Photo_3.JPG
右が中山哲志(TO/94)で、中央と左は中山同僚渡辺氏と伊藤氏

Photo_4.JPG
集合写真

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

アイセック台湾アルムナイを訪問

昨年10月に来日した台湾アルムナイ訪問団への答礼として、アイセック・ジャパン・アルムナイの有志7人により、5月20日より3泊4日で台湾を訪問してきました。昨年の訪問団の一人である Rebecca Lu さんがアイセック・アルムナイの Michael Lai 氏と結婚することになったので、彼の紹介を兼ねて是非食事を一緒にしたいということで、ホテルにチェックインして直ぐに近くの中国料理店でご馳走になりました。

P5201037.jpg

2日目は、台北から車で南に1時間半くらいに位置する桃園という街にある名門ゴルフクラブ「大渓カントリークラブ」で日台アイセックアルムナイ・ゴルフ大会が開催され、日本側6名と台湾側9名の15名でゴルフ交流をしました。約10年前にオバセック・メンバー8名で訪台した折にもプレーをしたコースでしたが、残念ながら、その時も参加したメンバーの誰一人としてコースを覚えていた人はいませんでした。

30518_1408271137064_1541020381_31036029_3237989_n.jpg

ゴルフの後は、台北市内の居酒屋風のお店で若手アルムナイ及びアイセッカーとの懇親会があり、昼間のゴルフの疲れも忘れて遅くまで和やかに歓談をしました。アイセッカーや若手アルムナイは、日本での活動について積極的に質問したり、データベースの作り方を聞いてきたりと、とても熱心で、ついつい時間を忘れてしまうほどでした。

P5211042.jpg

3日目の昼間は、7人揃って故宮博物館に行ったり、現地在住のアルムナイに会ったり、台湾で最も高いビル「台北101」の展望台に登ったりして自由に過ごしました。その夜は、昨年来日したメンバーを中心に40名くらいの台湾アルムナイメンバーが懇親会を開いてくれて、ギフトの交換会やゴルフの表彰式を行い、遅くまで様々な話で盛り上がりました。そして、日台のアルムナイで、毎年交互に訪問し合って交流を続けて行こうという話になりましたが、彼らの中心は80年代後半から90年代のアイセッカーですので、次回からは日本側も同世代の方々に参加してもらいたいと思っております。

Alumni_a.jpg

4日目は、お昼のフライトで帰る前に、ワシントンへの出張で会えなかった Wu Ron-I 氏が早朝に帰国されるということで、飛行場近くのホテルで朝食を一緒にすることになり、約2時間にわたってWu 氏と旧交を温めることができ、今回の台湾訪問が更に意義深いものとなりました。

Alumni_b.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ロンドン会のご報告

12月11日に第10回OBAIESECロンドン会が催されました。今回の会場は以前も利用したことのある中華レストラン。今回はクリスマスとあって「クリスマス・クラッカー」が用意されていたました。紙の筒の両側を絞ってキャンディのような形にしている中に紙で出来た王冠やお菓子のおまけみたいなのが入っているのですが、ディナー参加者全員で手を互い違いにしながらクラッカーを握り、「いっせいの、せ!」でクラッカーの両側を引っ張ります。参加者で王冠をかぶった様子です。

IMG_0843.jpg
左より、古住さん、桑原さん、渋谷さん

IMG_0844.jpg
左より、先崎さん、荒川さん、佐藤さん

IMG_0845.jpg
左より、田部さん、山口さん、長與、鶴見さん、渡辺(真理子)さん、清水さん、高橋さん、渡辺(浩一)さん

今回は新しくロンドンにいらっしゃった皆様に加え、AIのスーパーバイザー(SG)をなさっている鶴見さん、オランダより高橋さん、ドイツより清水さんにもご参加いただき、近況報告やアイセック現役時代の話に加え、現在のAIの話題などもききながらいつものように楽しく時間が過ぎていきました。一部有志で二次会もあった、とのことです!?

IMG_0846.jpg
前列左より、佐藤さん、山口さん、長與、鶴見さん、桑原さん 
後列左より、荒川さん、田部さん、渋谷さん、古住さん、高橋さん、茨木さん、清水さん、渡辺(浩一)さん 
(写真には載っていませんが、渡辺(真理子)さんと先崎さんもいらっしゃいました)
<幹事:長與恭仁子>

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

バンコック便り

関学と阪大の現役メンバーがスタツアでバンコックを訪問の際にバンコック在住OBにお会いしたいとの依頼が事務局にあり、現地の下村氏(KT/97)にお願いしましたところ、下記のように報告が入りました。

関学と阪大のスタツアの受け入れで、先週食事会をご一緒しましたので、簡単ながら報告させていただきます。

日時:9月10日(木)19:00-
場所:バンコク タイ料理レストラン『Thon Kruang』
参加:坂田さん(同志社67)、奥野さん(関学82)、岡本さん(関学82)、下村(京大97)
   守野さん(AIESEC Thailand)、内田さん(阪大CEED)、元永さん(北海道CEED)
   大村さん、岸さん、河原さん、倉橋さん、安川さん(スタツアメンバ)

当日は豪雨が降りしきる中びしょぬれになりながらも、現役のみなさんにはご参集いただきました。彼らとは別に、すでに当地でAIESEC ThailandのVPとして活動している守野さんらもいらっしゃっいました。OBでは坂田さんが少し体調がすぐれなかったものの、それをおしてお越しいただけるなど、総勢12名のにぎやかな会になりました。

食事会では、主に日本人学生のタイ送り出しを目的にはいらしたようで、今回の訪問目的などについて積極的に情報・意見交換がなされ有意義な時間になったものと思われます。さらに、CEED(というのでしょうか?)の方々からも、現役の間に休みを利用して海外のAIESECで活動するのがどのようなものか体験談があり、往時にそのような機会がなかったOBにとっては非常に興味深いものでした。OBからは、今とは時代背景も経済環境も異なる中でAIESECとして活動するのがどういうものであったかがシェアされ、まだ生まれてさえいなかった現役の方々には示唆に富んだ話だったと推察されます。

現役の方々は、その後当地で活動を本格的に開始され、本日時点でも精力的に企業訪問などを行われているはずです。18日に帰国予定と伺っていますので、あらためて何らかのご報告があるものと思われます。どのようなことであれ、何か収穫があったものと期待されます。

以上、簡単ながら食事会の報告でした。

これを機会にOB会もしばしば開催していこうということになりました。幹事役、尽力したいと考えます。
(下村勝紀/KT1998)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ブラジル・アルムナイからのメール

この度、ブラジルのアルムナイの Mr. Frank Honjo よりメールと下記の写真が届きました。これは、彼がアイセック・ブラジルのNCVPの時の90年代初期に企画した Corporate Citizen Project で、日本から何人ものAIESECer が参加したのだそうです。
この時の参加者の方々と是非コンタクトを取りたいということで、メールが届いた訳です。何人かの方々には OBAIESEC Newsletter が届いているようですので、お心当たりのある方は、事務局までメールにてご連絡頂ければ幸いです。

Brazil_3.jpg

Brazil_2.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第9回ロンドン会のご報告

去る4月23日(木)に第9回ロンドン会が開かれました。この日はお天気もよかったので有志数名がパブでまず一杯楽しんでから集まりました。

IMG_3433.jpg

(左より)桑原さん、渡辺さん、茨木さん、山口さん

IMG_3434.jpg

(左より)渡辺さん、茨木さん、山口さん、渋谷さん

 

ディナーはアジア系を離れてイタリアン・レストランでの開催。陽気な店員さん達に囲まれいつものように楽しいひと時を過ごしました。前回と今回の会合の間にご帰国された方々数名、そして新しくロンドンにいらっしゃった方々も数名・・・今回は13人という今までで最高の参加人数が集まりました。現役時代からの知り合い同士も中にはいて、昔話や他のOBAIESECer達の近況情報の交換などでも盛り上がっていました。次回は開催日を週末にでも設定して、可能であればロンドン以外のメンバーの皆様にもご参加いただければ、と考えております。特に在欧OBAIESECerの皆様、10月頃にお時間が取れそうでしたら是非ご検討ください。(幹事: 長與恭仁子)

 

IMG_7929s.JPG
参加者:(写真後列左より)茨木寛さん(TO/94)、古住幸子さん(OS-IAESTE/91)、荒川和彦さん(TO/01)、桑原拓也さん(TO/91)、渡辺浩一さん(WA/87)、渋谷さん(TO/02)、佐藤明信さんご夫妻(AG/01)
(前列左より)コーラー(北村)美穂子さん(AG/92)、渡辺真理子さん(TO/98)、長與恭仁子(KO/93)、山口健一郎さん(KO/82)、佐藤木綿子さん(KO/98)

 

 

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

フィリピンでの懐かしい写真

アイセック・フィリピンとは、1969年以来、研修生の交換、APコングレス、スタディツアーなど、様々な交流をしてきていますので懐かしく思い出される方が沢山いらっしゃることと思います。この度、1984年と1986年の写真が届きましたのでご紹介します。

先ずは、1984年3月25日?4月5日にKGLCによって実施されたフィリピン・スタディツアーの受け入れ側であったフィリピン大学のメンバーからの写真です。日本から、関西学院大国際センター室長の藤田允先生を団長として20名が参加したそうです。
n706153627_2023131_5653.jpg n706153627_2023133_6330.jpg n706153627_2023136_2689.jpg n706153627_2023138_3656.jpg n706153627_2023137_3266.jpg n706153627_2023135_7000.jpg

次は、1986年8月にマニラで開催されたAPコングレスの時の写真です。アジア太平洋地域12カ国から約100名が参加したそうで、日本からも当時のNCPである竹内一暁氏(KOLC/88)が参加されていたようですが、その他の日本人参加者はお名前が判りません。
n748612563_1953703_7085.jpg n748612563_1953702_6752.jpg n748612563_1953717_1232.jpg n748612563_1953722_2629.jpg n748612563_1953733_5853.jpg n748612563_1953748_775.jpg

上記2つのイベントに参加された方、又は、写真に写っている方をご存知の方はOBAIESEC事務局までご連絡ください。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

台湾アルムナイ

アイセック・フィリピン設立40周年に参加した後の12月9日に台北に立ち寄った折、アイセック台湾アルムナイの友人であるMr. Wu Rong-I をはじめ、秋の春秋会に参加してくれたMr. Seven Shu、Mr. Eric Liu、それに台湾アルムナイ会長のMr. Henry Cheng 他、12名ものアルムナイの面々と Taipei 101 の84階にあるレストランに集まりました。

n612726136_1176878_3754.jpg

今は円高なので日本に行くのは中々大変なので、2月か3月あたりにOBAIESECの皆さんに台北を訪問して頂いて、皆でゴルフでもやりましょう・・・と、ご招待を受けました。参加ご希望の方は、時期などご相談したいと思っておりますのでご連絡下さい。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

オバセック香港会のご案内

クリスマスイルミネーションのきらめく季節となりました。
皆様におかれましては益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。

さて、長らくオバセック香港会を開催せずにおりましたが、ここで再び親睦を深めるべく、一席設けさせていただきたいと考えております。

つきましては、下記の通りご案内申し上げますので、
お忙しいところ恐縮ですがご参加いただけましたら幸甚です。

日時: 2008年12月23日(火) 19:30?

場所: Butterfield's Club (Soon Room)
       2/F Dorset House, Taikoo Place, 979 King's Road, Quarry Bay
       Tel: 2968-5555
       *MTRでお越しの方は、Quarry Bay駅A出口が最寄となります。
       *Haga名でテーブルを予約しております。

ご参加の場合には、お手数ですが、幹事の芳賀までメールにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。
また、ご欠席の場合にも、私までメールで近況などお寄せいただけましたら、
当日のお食事の場での話題のひとつとしてご紹介させていただきたく、
ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

当日ご出張などで香港にいらっしゃる場合には大歓迎ですので、
ご都合のよろしい方はどうぞご一報ください。

では、当日皆様にお目にかかれますことを楽しみにお待ちしております。

芳賀朝子(SPLC 97年卒)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

AIESEC India アルムナイ大会

世界106カ国で活動しているAIESECの中で、今一番ホットなのがインドです。AIESEC in India は、何と年間約1000件の研修生交換をしているのです(因みに、日本は、引受けと送り出しの合計で約200件です)。そのAIESEC India の活動を支えているのが、約3000名からなるインドのアルムナイです。そのインドのアルムナイが、今月14日から16日の2泊3日に開催した年次総会に出席してきました。

PB150475.jpg PB150476.jpg PB150479.jpg PB150480.jpg PB150488.jpg PB150478.jpg PB160495.jpg PB160499.jpg PB160500.jpg PB160502.jpg

ニューデリー中心部にあるハードロック・カフェでのウエルカム・パーティから始まり、財界リーダーや第一線で活躍するアルムナイによる最近の金融・経済問題に関するスピーチや討論、アイセック活動へのアルムナイとしての関わり方に関するパネルディスカッション、そして最後は、クリケット大会・・・米国、欧州、オーストラリア、香港、その他で活躍している約150名のアルムナイが遠路遥々帰国して参加した、とても楽しくて充実したアルムナイ大会で、AIESEC Alumni Indiaの強い結束を感じた次第です。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

AIESEC Thailand 40th Anniversary のご報告

AIESEC Thailandの設立40周年記念式典が11月8日(金)、バンコック市内のタワナホテルで盛大に開催されました。タイへのAIESEC拡張活動は、1965年のTel Aviv ICで委託されたAIESEC Japanによるものですが、特に、伊藤伸一氏(TOLC/67)、坂田昌鴻氏(DOLC/67)及び大町正郎氏(DOLC/69)による献身的な活動によって、1968年に設立され、1970年の東京コングレスで正式承認されたのです。

n745794214_1066005_1844.jpg

PB080436.JPG

今回の式典にはオバセックからも、坂田氏、大町氏と、初代Asian Regional Coordinator (ACO)の木梨が、又、タイ在住の下村勝紀氏(KTLC/98)華子さん(TOLC/98:旧姓川添)ご夫妻と香港在住の村上義弘氏(DOLC/79)も出席して、Udom氏、Tanothai氏、Prasert氏、Suwit氏といったAIESEC Thailand設立当初のメンバーとも大いに旧交を温めて来ました。

PB080420.JPG PB080429.JPG

PB080417.JPG

これを機会に、日本におけるオバセックの活動や、先月発足した韓国アルムナイの活動に刺激を受けて、タイでもアルムナイの組織化に向けて、Udom氏、Jaruneeさん、Sirisudaさん達が中心になって活動されるとのことです。
そこで、これまでにタイで研修を受けた方、Study Tourに行かれた方、国際会議などでタイにお友達がいる方、タイからの研修生受け入れをされたことのある方達と連絡を取り合いたいとのことですので、是非、OBAIESEC事務局までご連絡下さい。アイセック活動を通じて知り合った友人関係の復活を図り、日本とタイとの友好関係を深めていきたいと思っています。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

シンガポールからのレポート

この度、下記の通り同志社OB (1977) 清水久雄氏のご来星に合わせて現地のAIESEC アルムナイや現役学生の方々と交流会を持つことができましたので報告申し上げます。

日時 2008年4月30日(水)午後7時より
場所 一次会 シンガポール・クリケット・クラブ(SCC)
    二次会 シンガポール・リクリエーション・クラブ(SRC)

場所はシンガポール島南部のパダンと呼ばれる球技場端の西側にSCCが、東側にSRCが位置します。英国植民地時代を色濃く残す旧国会議事堂、旧市庁舎、最高裁判所、劇場や教会に囲まれ、当時の貴顕が社交に使ったであろうと想像させる重厚な雰囲気のSCCでした。また両クラブとも会員制クラブ(SCCの方が格上とのことですが)で、現地アイセックOBが現地社会でも高い地位にあることも想像させられます。交流会はまず清水先輩の開会の辞で始まりました。参加者それぞれ当時のアイセック活動や近況を話したり、お互いの事業や仕事等の意見・情報交換に花が咲いておりました。二次会は少し現代風ですが、落ち着きもあるSRCでカラオケに興じながら、更に大先輩方の学生時代の話しに進みます。

P4300918.JPG

n704535740_834257_3407.jpg

途中、ジャカルタから空港に到着したばかりと言う現地アイセックOBがご家族でSRCに駆けつけ清水先輩と再会を果たされるのを拝見し、先輩の学生時代の活発なアイセック活動を想像し、更に30年以上にわたりその関係を維持されておられるのに、ただただ恐れ入るしかありませんでした。

最後は09年8月7日(現地のカレンダーの読み方では7-8-9)に当地において第一回アイセック-アジアOB会を開催しよう!と気勢を上げて散会致しました。
川原康照(DOLC/2001)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

オバセック香港会のご報告

この1ヶ月の間、事務局がサボっておりご報告が遅くなって申し訳ございませんでした。
香港会の幹事役をしていただいている芳賀さん(SP/97)より3週間以上も前に届けていただいていた報告書を遅れ馳せながら掲載させていただきます。

前回の開催から約一年ぶりの10月10日、Butterfields’ Clubにてオバセック香港会を開催いたしました。出席者は(前列中央)村上義弘さん(DO/79)(後列左から)石田智子さん(AG/04)、占部恵美さん(HI/96)、竹崎雄一郎さん(TO/03)、芳賀朝子(SP/97)の5名。

OBAIESEC_HK_07 Oct 10.jpg

今回は、親子二代のAIESECerという石田さん、元香港会メンバー堅田さんの後任者という竹崎さんを新たにお迎えしたほか、離香された元メンバーの方々から事前にお寄せいただいた近況をご紹介することで、「香港会」をプラットフォームとした輪が広がっていることを実感できた夜でもありました。

香港へ辿り着いた経緯も年数も様々ですが、それぞれの目を通して感じている香港という街とそこでの自分というものについて、語りはじめるとつい熱くなってしまうのはAIESEC気質がまだ健全な証拠でしょうか。今回も、閉店間際まで楽しく語り明かした会となりました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

海外アイセック・アルムナイのイベント

1) アイセック・インドのアルムナイ総会 
アイセック・インドのアルムナイは、昨年から年に一度、国内のリゾート地で2泊3日のアルムナイ総会を開催しています。今年は、バンガロールの北西24キロのところにあるAngsana Oasia Spa and Resort で10月26?28日に開催されます。この総会には、インド国内にいるアイセック・アルムナイだけでなく、米国、欧州、アジア・パシフィック各地で活躍している会社経営者や幹部経営者が大勢参加するようです。

インドとのビジネス・ネットワークを拡げたい方は、ぜひ参加されることをお勧めします。
詳細は、http://www.aiesecalum.org/alumnicongress2007.asp

Bangalore.jpg

2) アイセック韓国45周年記念式典
アイセック韓国も日本と同じく1962年に設立されました。まだ詳細は問い合わせ中ですが、11月8日(木)にソウルで45周年記念式典を開催するとのことです。設立当初のアルムナイを含め多くのOB/OGが参加する予定だそうですので、ソウル在住者はぜひ参加されることをお勧めします。また、日本からも参加希望者がいらっしゃるようでしたらツアーを考えたいと思っておりますので、ご興味のある方は事務局までご連絡ください。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

香港会のお知らせ

オバセック香港会のご案内が届きました。
香港在住の方、出張のご予定がある方は、是非ご予定ください。

オバセック香港会の皆様、

中秋節の飾りつけが街を彩る季節となりました。
皆様におかれましては益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。

さて、「定期・不定期に開催していきます」と宣言した昨年10月のお食事会以来、
早いもので既に1年が経とうとしております。

その間、新天地へと赴かれた方々もいらっしゃる一方で、
香港へ新たに着任された方もいらっしゃることと思いますので、
下記のようにオバセック香港会を開催することになりました。
お忙しいところ恐縮ですがご参加いただけましたら幸甚です。

日時: 10月10日(水) 19:30?
場所: Butterfield's Club
2/F Dorset House, Taikoo Place, 979 King's Road, Quarry Bay
Tel: 2968-5555
*MTRでお越しの方は、Quarry Bay駅A出口が最寄となります。

ご参加の場合には、お手数ですが、幹事までご連絡ください。
また、ご欠席の場合にも、メールで近況などお寄せいただけましたら、
当日のお食事の場での話題のひとつとしてご紹介させていただきたく、
ご協力のほど、併せてよろしくお願い申し上げます。

芳賀朝子 (SPLC 97年卒) メール

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ロンドン会のご報告

9月17日(月)に第六回ロンドン会が開催されましたのでご報告致します。

今回の場所は中華街の中にあるインペリアル・チャイナ。参加者の誰もが「こんな場所にこんなお店があったんですね!」とびっくりする穴場で、幹事の桑原さんに感謝・感謝でした。今回は10人集まったので個室も取れ、周りを気にせずにゆっくりとお喋りを楽しむことが出来ました。

このところ帰国者が続いていたロンドン会ですが、今回の会合ではバンコクから転勤してこられた渡辺さん、旦那様の転勤でしばらく前にロンドン入りされたコーラーさん、そして半年という限られた期間でイギリス生活をエンジョイされている木村さん、と新しいメンバーをお迎えすることが出来ました。今回は他にも何名かの方々とご連絡が取れたので、次の機会にまたお目にかかれるのを楽しみにしています。(報告者:長與)

London_Sep_07.jpg

参加者:(写真後列右より)木村敏晴氏(TO/00)、山口健一郎氏(KO/82)、古住氏(OS-IAESTE/91)、コーラー(北村)美穂子さん(AG/92)、桑原拓也氏(TO/91)、狩野一彦氏(SP/88) (前列左より) 渡辺浩一氏(WA/87)、坂井愛子さん(AG/96) 、佐藤木綿子さん(KO/98)、長與恭仁子(KO/93)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

シンガポール会のご報告

ご報告が大変に遅くなりましたが、去る9月1日(土)にシンガポール会を下記にて開催いたしましたので、ご報告いたします。前回のシンガポール会からしばらく間があきましたが、今回も初参加の皆様を加えて総勢8名で沖合いにはタンカーの明かりが見えるセントーサ島のビーチサイドの少しお洒落な感じのレストランにてシーフードディナーを楽しみました。

日時 2007年9月1日(土曜日)
場所 Barnacles Restaurant & Bar (ラサ・セントーサ・リゾート)
時間 午後7時?9時半ごろまで

ob-sin-01sep.jpg

【今回の出席者】
村上正健氏(阪大65年)、平岡真司氏(同志社80年)、岡本章氏(関学82年) 、吉本真人氏(大阪市立83年)とご子息、大寺容典氏(大阪市立95年)、河村玲奈さん(青学02年)、川原康照(同志社01年)

今回は、景気の良いシンガポールで変わり行く注目エリアであるセントーサ島で開催しましたが、また来星者などがある機会に合わせて開催したいと思っていますので、宜しくお願いします。

ご報告:川原康照

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

世界アルムナイ・ポリシー会議

6月下旬にロッテルダムで開催された International Alumni Policy Meeting の時の写真がやっと届きました。この会議では、今や100カ国に拡がったAIESECの各国でのAlumni をどのように組織化すべきか?世界に30万人とも50万人とも言われるAlumniをどのようにネットワーキング出来るようにするか?などが討議されました。

alumni policy meeting.jpg
(右から5人目が、アイセック・ジャパン設立の立役者であるB.トーマス氏)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

バンコック会のご報告

今月14日(土)にバンコック会がバンコック・スクンビットSoi16にある高級日本食レストラン『天翠』にて開催されましたのでご報告いたします。
今回は、大芦義男氏(TO/67)が日本に帰国されるのと、これまでバンコック会の幹事でした谷本敦氏(KO/81)が来月より米国(アリゾナ州フェニックス)に転勤されるとのことで、お二人の送別会、それに新メンバー宮本さんの歓迎会も兼ねて行われました。

7_22_07.jpg

バンコックは日本人駐在員の多い所にも拘らず、現メンバーは5名となりましたが、恐らく他にもオバセッカーがいらっしゃるものと思います。バンコック在住のオバセック・メンバーの方、又はバンコック在住者をご存知の方は幹事の下村勝紀氏(KT/98)までメールにてご連絡をお願い致します。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ロンドン会のご報告

2月22日(木)にロンドンOBAIESEC会を開催いたした。 
長らく幹事を引き受けてくださった金沢さんのご帰国に際して急遽日程を決めましたので、比較的準備期間は短かったのですが、会員13人中7人が出席、それも殆ど定時の7時に全員集まるというなかなかの結束ぶりを発揮しております。 
場所はロンドン西部のBayswaterにある中華料理;Madarin Kitchen。 幹事のメニューの選択がすばらしく、美味しい中華料理に皆舌鼓を打っておりました。仕事に関係する話、仕事と関係ない話、様々な話題で、2時間半あっという間に過ぎました。 
金沢さんの後任幹事は、桑原さんに引き受けていただくこととなり、これから長與さんとご一緒にご担当いただきます。 
遠藤さん・山田さんが築かれた暖かみのあるロンドンOBAIESEC会の伝統を皆で少しでも継承するよう勤め、会員間の親睦・交流はお陰さまで進んで来ていると実感しております。 ただし、このところ会員の方のご帰国が続き、会員数が減っていることは否めず、ロンドンにいらっしゃる潜在会員の方の発掘が必要と皆感じております。(ロンドン会会長 山口健一郎)

IMGP0797.JPG

今回の出席者は以下の通りです。 
金沢宏さん(信金インターナショナル、94慶応)、山脇知子さん(Deloitte, 88 New South Wales大)、狩野一彦さん(Zeon、88立教)、桑原拓也さん(みずほインターナショナル、91東京)、古住幸子さん(大和証券、91大阪)、長與恭仁子さん(UBS,93慶応)、山口健一郎(PDRM,82慶応)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ロンドン会のお知らせ

OBAIESECロンドン会の皆様、

皆様ご無沙汰しています。いかがお過ごしでしょうか。

OBAIESECロンドン会も前回会合より少し間があいてしまいましたが、その間に小山くんと帆刈くんが日本に帰国されました。また3月には幹事の金沢くんが東京の本社に戻られる とのこと。
そこで、金沢くんの送別会も兼ねたロンドン会を下記のように開催致しますので、皆様ぜひ ご出席ください。なお、どなたかロンドンにいらっしゃった方をご存知でしたら、 ご一報ください。

時間: 2月22日(木) 午後7時 (Kunikoの名前で予約を入れてしまいました・・・)
場所: Mandarin Kitchen
    14-16 Queensway, W2 3RX
    Tel: 020 7727 9012

      地下鉄最寄り駅はCircle Line Bayswater もしくは Central Line Queensway となり
      ます。 地図はこちらをご参照ください。
          http://www.london-eating.co.uk/maps/1761.asp

連絡先: 長與 恭仁子 (メール

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

バンコック会の新年会

OBAIESECバンコック会の新年会を1月20日(土)19時より、バンコック市内にあるAnna Café で開催しました。今回のバンコック会は、昨年7月の上島氏(KG/75)の送別兼下村華子さん(旧姓;川添、TO/98)の歓迎会を開いて以来の実に半年振りの開催でした。これも、幹事がすっかり南国風に慣らされ、時間の観念が薄くなってきたことが原因かと反省しております。
当日は、初参加の服部英夫氏(HI/65)のご提案でパートナーとの参加としたことで、下村勝紀氏(KT/98)も奥様の華子さんとご一緒に参加して頂いたので一気に人数も増えて話題もぐっと豊富になりました。下村華子さんによれば、もう一人若い女性OBが当地にいらっしゃるとのことで、次回は下村さんご夫妻第一子誕生後の4-5月にその女性にも参加を呼びかけてもっと盛大に開催したいと考えております。(幹事:谷本)

BKK_01_19_07.JPG
参加者は、服部英夫氏(HILC/65)ご夫妻、大芦義男氏(TOLC/67)ご夫妻、下村勝紀氏(KTLC/98)と華子さん(TOLC/98; 旧姓川添)ご夫妻、それに谷本敦(KOLC/81)です。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

シンガポール忘年会のご報告

日本から一橋LCの現役3名が07年度のプロジェクト準備のためシンガポールを訪問するのを機に、去る12月18日(月)にシンガポールOBAIESEC忘年会も兼ねてチャイムスにある日本食レストランでシンガポール会を開催しました。

Bonenkai_06.JPG

シンガポールの企業での受け入れの可能性を模索する現役の皆さんと我々現地のOBとの意見交換が活発に行われました。さらに、今回はNUS(シンガポール国立大学のLCP)のイムラン君も参加してくれた為、今後より我々日本人OB会と現地ローカルアイセッカーやローカルOB会とも交流が進めばと思います。

今回の中西君を中心とするアジアとのエクスチェンジにフォーカスしているプロジェクトは大変興味深く、当地のOB会としても出来る限りのサポートをやっていければと思っております。今回の交流会が、現役の皆さんのプロジェクトのお役に立てれば幸いです。

参加者:
<シンガポールOB会>
上村啓介(DOLC/68)、平岡真司(DOLC/80)、岡本 章(KGLC/82)、吉本真人(OILC/83)、川口 潔(DOLC/89)、武藤 潤(KOLC/91)、高崎 裕(AGLC/92)、川原康照(DOLC/01)
<現役アイセッカー>
中西真央君(一橋LC)、川上晃史君(一橋LC)、村上悠太君(一橋LC)
Imran Mohamad君(シンガポール国立大学)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

シンガポール会

2004年3月に、シンガポールで第1回アイセック・アジアパシフィック・アルムナイ会議が実施されたのを機会に設立されたOBAIESECシンガポール会ですが、その時以来、幹事をして頂いていた堀井清吾氏(KGLC/88)が10月1日付で京都にある本社に帰国されました。下記の写真は、9月29日にシンガポールで行われた送別会のときのものです。

P1000460 (1).jpg

P1000462 (1).jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

香港会からのお便り

10月20日、香港オバセック会を開催しました。開催場所は恒例のButterfield's Club、参加者は(写真前列左から) 名古屋LC81年卒 櫻井愛作さん、早稲田LC69年卒 武田淳さん、同志社LC79年卒 村上義弘さん、(後列左から) 一橋LC96年卒 占部恵美さん、一橋LC現役で香港大学留学中の 寺山伸一さん、一橋LCP現役 中西真央さん、立教LC97年卒 芳賀朝子、同志社LC現役で現在香港にて研修中の子安有美さんの8名でした。

DSCF0984_10_22.JPG

今回は香港出張中ということで日本からご参加の武田さんをはじめ、現役生も3名というめずらしいメンバー構成となりました。
ITEP経験者が多かったこともあり、それぞれの研修体験にまつわる武勇談やら涙の赤貧エピソードなどバラエティーに富んだ話題で、閉店時間まで楽しく会食できました。
また、一橋LCPの中西さんより、来年夏にアジア地区へ日本人研修生送り出す企画のお話があり、「仮に自分の企業が研修生を受け入れるとしたら・・・」という想定のもと、OBから企業人の視点ということで率直な意見も色々とお話しさせていただきました。

現役時代のあの「熱い」AIESECの日々や研修生生活を振り返ると、本当に青かった当時の自分が、いかに多くの方々に助けていただいたことかと改めて感謝の念を抱きました。と同時に、社会人として微力ながら現役の皆様のお役に立つことが、AIESECへのささやかな「恩返し」になるだろうか・・・などと、旬の上海蟹と蛇スープに舌鼓を打ちつつ思いを巡らせた夜でした。記:芳賀(SPLC 97卒)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

OBAIESEC香港会のご案内

香港在住 OBAIESECの皆様、

香港でもトンボの群れ舞う、秋風の心地よい季節となりました。皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、新春にお集まりいただきましてから、早半年以上が経過しております。また、最近一橋LCより現
役のAIESECerが香港大学に留学されたこと、そして同じく一橋のLCPが今月香港ご来訪の予定との連絡もございましたので、これを機会に、そろそろ中華の円卓を囲みながら皆様と楽しいひと時を再び・・・と思い、本日お声かけさせていただきます。お忙しいこととは存じますが、お時間ご都合いただけましたら幸甚です。

詳細下記にてご案内させていただきますので、お手数ですがご出欠のお返事を私までお願い申し上げます。

日時: 10月20日 20:00?
場所: Butterfields' Club (2/F Dorset House, Taikoo Place, 979 King's Road, HK.
     Tel: 2968-5555。 MTRの方はQuarry Bay駅 A出口が最寄となります。)

幹事: 芳賀朝子(SPLC/97年卒) メール

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第5回バンコック会のご報告

7月3日(月)19:00から第5回目となるオバセック・バンコク会を市内のバナナハウスにて開催致しました。今回は8月初めに帰国される上島広一氏(KGLC/75)の送別会、シンガポールから当地に移って来られた川添華子さん(TOLC/98)の歓迎会も兼ね集まりました。上島先輩は今日本で最も旬の名古屋の責任者として戻られるとのことで、皆で益々の御活躍を祈念致しました。又川添さんは今回奥様のみでしたが次回は是非御夫婦で参加戴ける様日程調整したいと思います。
日系進出企業数、派遣従業員数において圧倒的に多いはずの当地OB会が何故シンガポールより小規模なのかとの議論になりましたが明快なる回答は出ませんでした。当地発行のミニコミ誌にOB会連絡先の掲載は適宜続いていますが(幹事は何度も掲載されている事実を昨日まで知りませんでした)、川添さんからの連絡以降残念乍ら何方からも問合わせはありません。こじんまりとはしてますが、引き続き飽きないようにOB会を開催して行く積りです。尚、次回は10月頃の予定です。(幹事:谷本)

お二人以外の出席者は、坂田昌鴻氏(DOLC/67)、大芦義男氏(TOLC/67)、谷本 敦氏(KOLC/81) の常連3名で、このほかのバンコック在住者、AGLC/95の恩田知広氏とKTLC/98の下村勝紀氏は、残念ながらお仕事の関係で欠席でした。どなたかほかにもバンコック在住者をご存知の方はご連絡をお願い致します。(事務局)

BKK_JUL03_06.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

シンガポール会で研修生の歓迎会

OBAIESEC事務局を通して、マレーシアのジョホールバルで研修中の大津達朗君(HILC)からシンガポール在住のOBと会いたいとの連絡があり、6月2日(金)に、高崎氏(AGLC/92)と堀井(KBLC/88)とでお会いし、いろんな話をして盛り上がりました。

個人的に嬉しかったことは、母校関学が、研修権(今でもそう呼んでいるのか不明)を獲得し、除名にならずに済んだことを知ったことです。また、私が現役の頃、比較的控え目だったと記憶している一橋が、非常に活発であることに、少々、驚きだったことです。
高崎氏が、インド出張から戻ってきたばかりで、インドの話でも盛り上がったのですが、大津さんが、既に、何度かインド訪問しており、多くの日本人AIESECer が、インドで研修を受けていることをと知って、小生の学生時代との志向の違いに、感銘を受けました。

また、大津さんのマレーシアの研修先が、企業では無く、非営利団体であることや、一橋LCを始め、日本のLCが、地方公共団体や、市役所といった団体からも、研修権を獲得していると聞き、AIESEC も、20年前とは、ずいぶん変化したのだなと感激しました。

当日は、アイセック・シンガポールの月例会の日(毎月第一金曜日)でしたので、いつものTea Joy に向かい、合流しました。そこでは、シンガポール人AIESECer, Alumni、各国からの研修生、 それから、我々のような、駐在員等、AIESECつながりのさまざまな人達が、S$5.- で、お茶を飲みながら、歓談しておりました。
(文:堀井清吾)

P1010724.JPG

P1010723.JPG

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第9回シンガポール会のご報告

大変遅くなりましたが、4月8日に開催しました第9回シンガポール会のご報告です。
今回は、北瀬啓治氏(OCLC/88)とご家族の送別会、酒井友樹氏(CHLC/95)と奥様の歓迎会、それに1,2,3,4月生まれの方々のお誕生日会でして、これまでとはチョット趣向を変え、中国皇帝船ディナークルーズをアレンジしてみました。正直言って、食事はあまりたいしたことはありませんでしたが、クルーズということで、景色や、摩天楼の夜景、海風等を満喫しました。

P1010562_B.jpg P1010567_B.jpg

P1010579_C.jpg

港での待ち合わせ時に、初対面の方同士でのご挨拶から始まり、乗船切符を購入しての乗船となりましたので、乗船前の記念撮影をしている内に、良い席(皆が一斉に座れる大きなテーブル席)を他のグループに取られてしまい、4テーブルに分かれてのビュッフェディナーとなってしまいました。船内は、3階建になっており、大勢でのパーティーで貸切ることもでき、また、ロマンティックに夜景を楽しむことも出来ますので、シンガポール滞在の方には、是非、一度は、乗船されることをお勧めします。
次回は、6月か7月頃の開催を予定しています…. 幹事:堀井清吾(KGLC/88)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第4回バンコック会のご報告

日本では連休の最中である5月3日(水)の夕方、バンコック在住の大芦義男(TOLC/67)、坂田昌鴻(DOLC/67)、上島広一(KGLC/75)、渡辺浩一(WALC/87)、谷本敦(KOLC/81)の5名が、タイ食レストラン「 Naj 」で楽しく集いました。

今回は元々、前回飛び入り参加の見目氏(CHLC/03)の本邦帰国送別会の予定でしたが、SMBC渡辺氏も急遽ロンドンに転勤することとなり日程変更しお二方の合同送別会として企画しました。しかし、残念ながら見目氏とは結局連絡つかず、上記5名の会となりました。前回には話題になりませんでしたが、渡辺氏とそのご家族が2004年12月26日のスマトラ沖地震・大津波から殆ど奇跡的に生還されたことを伺い、人の運命の神秘に一同深く考えさせられました。次回は特に決めていませんが、MOL上島氏が8月頃帰国される可能性ありとのことでその頃に又送別会として集まることとなるかと思います。いなくなる方ばかりにて寂しい限りです。昨日も一度当地発行のフリーペーバーにでも載せてみようかとの話になりました。尚、写真はデジカメを忘れたものですから今回はありません。 (幹事: 谷本)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第4 回 ロンドン会のご報告

第4回目のOBAIESECロンドン会が4月5日(水)にレストラン「祭」で開催されました。今回は山口さんのお力添えにより、限られた予算内でいろいろなお料理を出してもらい、皆で和食を堪能しました。

昨年の暮れから今春にかけて山田正実さん(WALC/72卒)、森川央さん(KBLC/86卒)、遠藤恭一OBAIESECロンドン会会長(WALC/71卒)、と帰国される方々の多いロンドン会ですが、今回は何名か新しい参加者もお迎えしました。

食後の近況報告では今回も各国体験談、転職談義、サッカー観戦の話などいろいろな話題が飛び出し、いつものように楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

OBAIESEC.jpg

なお、間もなくご帰国される遠藤会長のご指名により、山口健一郎さん(KOLC/82卒)が新OBAIESECロンドン会会長となられました。

出席者:
遠藤恭一(WALC/71卒)、山口健一郎(KOLC/82卒)、山脇知子(豪New SouthWales/88卒)、狩野一彦(SPLC/88卒)、桑原拓也(TOLC/91卒)、塚嵜英史(JOLC/91卒)、古住幸子(阪大IAESTE/91卒)、長與恭仁子(KOLC/93卒)、金沢宏(KOLC/94卒)、帆刈吾郎(TOLC/95卒)、小山貴(TOLC/96卒)、坂井愛子(AGLC/96卒)、佐藤木綿子(KOLC/98卒)

(報告: 長與恭仁子)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第9回シンガポール会のお知らせ

第9回シンガポール会が下記のように開催されます。いつも斬新な企画でとても楽しそうですが、今回は「中国皇帝船ディナークルーズ」だそうです。近隣各国にいらっしゃる方、又はご出張でタイミングが合う方はぜひ幹事の堀井氏に至急ご連絡ください。

日時:4月8日(土) 6時過ぎ頃集合後、6:30 pm ディナークルーズ船出航。所要、約2時間。
場所: マーライオンのあるマリーナベイにあるClifford Pier より、出航。
食事:インターナショナルビュッフェ・食べ放題のバイキング形式。
料金:大人S$49.-以上、子供S$25.-以上

ご連絡先:堀井清吾氏(KGLC/88) メール

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

香港会「新年会」のご報告

去る2月24日、オバセック香港会では「新年会」と銘打ち、昨年に引き続いて第二回目の夕食会を開きました。

2月末で新年会とは?と思われる方もいらっしゃると思いますので、横道にそれますが、ちょっと解説。
中華圏に属する多くの地域がそうであるように、ここ香港でも旧暦に則った季節行事の習慣が今でも大切にされています。一年の最大のイベントである新年も例外ではなく、旧暦(太陰暦)で祝われるために、毎年その日程は変動します。ということで、今年の旧正月は1月末で、2月は新年会の季節なのです。

さて、今回の参加者は6名(写真左から敬称略:松村康裕・79TO、芳賀朝子・97SP、亀田栄・64KO、村上義弘・79DO、堅田航平・02TO、福井龍哉・81KB)。Quarry Bay にあるButterfield's Clubで行いました。前回からの参加者3名と、今回初参加の3名で、打ち解けたムードとフレッシュな話題がバランスよく、楽しい食事会となりました。

Feb 2006 (s).JPG

今回特筆すべきは、日本でAIESECが設立された年の1962年に、初の日本人送り出し研修生の一人として、当時香港での研修を経験された亀田先輩がご参加くださったことです。当時は香港にもAIESECは設立されておらず、受け入れ側としても研修生第一号のケースだったとか。まさにパイオニアとして、日本・香港両AIESECの黎明期にご活躍された当時のお話は、AIESECに携わった人間なら誰もが興奮するであろう「お宝エピソード」でした。

また、参加者の方々からは、それぞれのAIESECにまつわる思い出話はもちろん、お互いの業界のこと、香港のことなど話題は尽きず、仕事人としても、香港在留邦人としても、沢山のことを学ばせていただく会となりました。

オバセック香港会では、今後も定期・不定期に回を重ねていければと考えております。「香港会」と言っても、ご登録者の中には広州在住の方もいらっしゃいますので、香港含め華南地区にお住まいのOB・OGの方は是非ご登録ください。また、ご出張など短期ご滞在の方も、香港にお立ち寄りの際には是非ご連絡ください。幹事:芳賀朝子 (97年 SPLC)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

AIESEC India 25周年記念式典

去る2月20日にインドのムンバイ(旧ボンベイ)で、AIESEC India の25周年記念式典があり、顧問会議(Infosys Technologies CEO のNandan Nilekani氏やGodrej Group 会長のAdi Godrej氏等) やアルムナイの錚々たるメンバーや現役AIESECer が集いました。

DSC02490.JPG

日本とインドとの関係では、1963年にLondon School of Economics から東京銀行で3ヶ月間AIESECの研修を受けたインド人のAroon Purie 氏が、現在、インドで有名な出版社である「India Today」のEditor-In-Chief(編集長)をされていることが今回判り、早速コンタクトを取ってみたところご本人から以下のようなメールが届きました。

Dear AIESEC Alumni,

Yes it is correct. I was a trainee in 1963 for 3 months in the Bank of Tokyo and I was at that time undergraduate at the London School of Economics. I worked there in their research department. They also sent me all over Japan to work in their branches. So I lived in a dormitory with Japanese students and it was a wonderful way to experience Japan and get to know its people. Those three months that I spent were most memorable of my student life.

I think AIESEC serves a great purpose and whoever can use the unique opportunities it offers will find it will enrich their life.

Best wishes
Aroon Purie

インドは昨年9月にAIESEC国際総会(約520名が参加)を主催し、864名の研修生を世界各国から受け入れ(日本からは45名)、122名のインド人学生を世界に送り出した(日本へは1名)という実績を誇る、AIESEC世界91カ国のうちでいま一番熱く燃えている委員会です。
そこで、AIESEC India の25周年である今年から、アイセック・ジャパンの50周年と、日印国交樹立60周年を迎える2012年までに、相互に最低500名の研修生交換を実現しようという「アイセック日印研修生特別交換計画」を日印両国のAIESECで立案中です。

DSC02483.JPG
(AIESEC India MCオフィスにて)

将来の日印関係の重要性を鑑み、是非とも実現したいアイセックならではの企画であり、両国のアルムナイとしても出来る限りのサポートをしようと動き出しております。皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い致します。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

OBAIESEC香港会のお知らせ

春節の賑わいもそろそろ落ち着きはじめた香港で、下記のようにオバセック香港会が開催されるという連絡が入りました。現在、事務局で把握している9名の香港在住メンバーには、幹事の芳賀朝子さん(SPLC/97)より直接ご連絡させて頂いておりますが、もしご案内が届いていない方やご出張でタイミングよくご出席いただける方はぜひ幹事までご連絡をお願い致します。

日時: 2月24日(金) 19:30?
場所: Butterfield's Club: 2/F., Dorset House, Taikoo Place, 979 King's Road, HK.
     Tel: 2968-5555

ご出欠の連絡・お問い合わせ先:芳賀朝子 メール

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第3回バンコック会のご報告

昨夜(1月30日)、タイ・バンコックにて第3回OBAIESEC会が開催され、在バンコックのOBAIESECer 7名のうち5名の方々が参加され、LCを超え、年代を超え、仕事を超えたAIESEC仲間の楽しい会となったようです。ピンボケはしてはいますが楽しそうな雰囲気の写真が届きましたので下記にご紹介いたします。参加者は、大芦義男氏(TOLC/1967)、上島広一氏(KGLC/1975)、渡辺浩一氏(WALC/1987)、見目氏(CHLC/2003)、それに幹事役の谷本敦氏(KOLC/1981)でした。尚、その他のバンコック在住者、坂田昌鴻氏(DOLC/1967)と恩田知広氏(AGLC/1995)はご都合で欠席でした。また、昨年の暮れまでバンコックにいらっしゃった長浜俊三氏(KOLC/1995)はインドへ、鳥居香代さん(DOLC/1990)はバングラデッシュに異動されました。
PHTO0001.JPG

当初は3名のみのやや寂しいOB会かと思っておりましたが、直前になりOBAIESEC事務局木梨先輩のSuggestionにより渡辺氏と連絡取れ、又元々はAIESEC研修生として当地に来ていた見目氏から、日本の現役生より当会の存在を聞きつけ参加の申し入れあり、相応に盛り上がった会となりました。焼酎を供に昔のAIESECの研修、スタツア(ある年代以前の方には非常に懐かしい響きの言葉かと思います)でのアクシデントから、これから就職という見目氏への分別臭い助言やら、話しは色々飛びました。当地の牛肉ではありますが、肉質、味とも十分満足の行くもので、日本式焼肉屋では遅くまで笑い声が絶えませんでした。次回は見目氏が帰国する前の4月末に開こうということとなりました。早めに日程だけでも決めて連絡する所存です。尚、写真ですが、大芦先輩のデジカメで取ったものの一寸写りが悪すぎる様です。次回に期待ください。
幹事 谷本

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ニューヨーク会のご報告

OBAIESEC ニューヨーク会が昨日の12月11日(日)に開催されました。師走の真っ只中で色々な行事が重なったためかメンバー6名+渡辺家のご子息と参加人数的にはちょっと寂しかったのですが、マンハッタン48丁目の中華料理屋「Chiam」の個室で約2時間、和気藹々ととても楽しい時間を共有することができました。

NYでは感謝祭以降、何度か降雪もあり、当日も晴れてはいるものの残雪が多少残る中で、あいにく北村聡氏(KTLC/96)が急な風邪のため参加できませんでしたが、少々アルコールも入りながらお互いの自己紹介、近況報告などでアッという間に時間が過ぎてしまいました。

NYで30年以上という江川清氏(KOLC/65)からNYのOBAIESEC会の歴史を伺ったり、日本人学校を通じてお知り合いの飯島(唐下)雪絵さん(KOLC/89)と渡辺(倉橋)綾さん(TOLC/94)の交流があったり、同期の前田史哉氏(TOLC/92)と渡辺智紀氏(TOLC/92)氏が旧交を温めたりと、世の中、色々なつながりを改めて感じさせました。
何といってもご夫婦がアイセッカーで、親子2代OBAIESECメンバー(渡辺綾さんのお父上がHILC/66の倉橋宣武氏)という渡辺一家が当日の主役で、昼間の時間設定だったのでご子息も元気に楽しまれていたのが何よりでした。

今後も定期的に是非集まりましょう、ということで全員の写真を撮ってお開きとなりました。NYにはOBAIESECメンバーが20名近くいらっしゃるとのことですので、次回はもっと大勢の方々にお集まりいただけるよう楽しみにしております。百田記。

PHOTO_12_11_05.JPG
参加者:
向かって右より、渡辺知紀氏&綾 さんご夫妻とご子息、飯島雪絵さん、江川清氏、 前田史哉氏、百田功

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第7回シンガポール会のご報告

平岡真司氏(DOLC/1980)の音頭で、大人は赤ワイン、未成年の方、お子様はソフトドリンクで乾杯した後、サラダ、スープ、生牡蠣等のオードブルを楽しんだ後、レストラン側の策略(注1)にはまり、ステーキを 1,200グラムも食べてしまいました。
レストラン側は、こちらが、何も注文していないのに、生の和牛とオージー・ビーフの塊を持ってきて薦めるものですから、一部の反対を押し切って、その場の勢いで和牛800グラムとオージーを400グラムもオーダーしてしまいました。お陰で、チーズ・フォンデューは、少々余ってしまいました。
子供たちは、広めの個室とあって、テーブルの下をはいずりまわったり、部屋を走り回ったりと、結構楽しんでおりました。

(注1)実は当初、20名で個室を予約していたのですが、前日に、15名に減らしたところ、当日の朝に電話が掛かってきて、個室は20名以上のグループでなければ駄目だから1階のレストランに降りろというのです。飛び入り参加もあり得るとか、子供がいるからとか、こういう会社のお偉いさんが来るからとか言って交渉した結果、漸くレストラン側は納得…..と安心していました。
ところが、チーズ・フォンデューで予約をし、電話でも確認済にも拘わらずオーダーを取り始めたのです。チーズ・フォンデューを頼んだはずだと言っても、何か要領を得ないので、仕方なくオードブルをオーダーする羽目に…..。挙句の果てに肉の塊(憎らしいことに、この肉が、これまた、うまそうなのです)を見せつけて、押し売り状態。腹一杯になったところで、チーズ・フォンデューの注文取り。こら、おこるで!!

でも、いつものシンガポール会らしく、わいわい、楽しく、お料理とワインを堪能しました。その後、フォーリーブス(シンガポールのケーキ屋さん。HOLC/1989の宮村芳孝氏が経営)のケーキで、10,11,12月生まれの方の誕生日をお祝いしました。

今回の参加は、
平岡真司氏(DOLC/1980)とご家族(奥様、お嬢様、ご子息)、岡本 章氏(KGLC/1982)とご家族(奥様、お嬢様と2人のご子息)、吉本真人氏(OILC/1983)、下村勝紀氏(KTLC/1998)と奥様の華子さん(旧姓;川添:TOLC/1998)、それに堀井清吾(KGLC/1988)と家族(家内と息子)の全15名でした。

12_03_05.JPG

次回は、1月5日(木)7:30pmより「Crazy Horse Paris (in Singapore)」で新年会を計画しております。詳細は、追ってご連絡します。
(記:堀井清吾)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

台湾とコロンビア・アルムナイとの懇親会

Newsletter でもご案内しましたように、アイセック台湾のアルムナイで、現在、中国・福建省で家業の竹細工製品や陶器製品の生産及び海外輸出を行っているKen Su(蘇家葳)氏より、台湾への帰路に東京と神戸に立ち寄るので、OBAIESECer とAIESECer に会いたいとのメールを受け、合同の食事会を12月1日(木)に開催しました。
彼からのメールは、 “AIESEC Alumni Worldwide” というネットコミュニティに黒木美芳氏(WALC/1964)が入っておられたので連絡がとれたのです。また、友人であるコロンビア人のアルムナイと一緒に参加するとの当初の連絡だったのですが、そのコロンビア人アルムナイであるホアン・ペレス氏(在日本コロンビア大使館勤務)とは先のネットコミュニティで知り合ったのだそうで、初対面だということを聞いて驚いた次第です。
更には、黒木氏が持ってこられた2枚の写真に、蘇氏の台湾の親友、ペレス氏のコロンビアの友人が写っていて、その奇遇とアイセック・ネットワークの広さを感じたのでした。
当日は、黒木氏の他にも、台湾に長く駐在されたことのある伊藤伸一氏(TOLC/1967)と中南米に長く駐在されたことのある小林啓志氏(KOLC/1973)も参加され、来期のNPO法人アイセック・ジャパンの専務理事・事務局長である日本委員会の桔梗 聡君(HILC3年)ら3名の現役アイセッカーを交えて色々な話で大いに盛り上がりました。

DSC00482.JPG

2005-12-06 001.JPG

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

OBAIESECニューヨーク会のご案内

今年は11月に入っても比較的好天が続きゴルフシーズンがまだ終わらないNYですが、2年振りのオバセック・ニューヨーク会を以下の通り開催することになりましたのでご案内申し上げます。
NYには25名ぐらいのオバセッカーがいらっしゃるようですが、今回はOBAIESECシンガポール会のようにお子様も交えての家族会的な雰囲気で、ということで週末の昼間、ミッドタウンの中華料理屋の一室を予約しております。クリスマス兼忘年会というタイミングですがお誘い合わせの上振るってご参加頂きますようお願い致します。
日時: 12月11日(日) 12時から
場所: ”Chiam Chinese Cuisine”
電話: 212-371-2323
住所: 160 east 48th Street,New York, NY
     Lexington と 3rd Aveの間、南側です。
参加費:割り勘でお一人$60?$70ドル程度を予定しています。
幹事連絡先: 百田功(慶応LC/70) メールはこちら
尚、このご案内は、OBAIESEC事務局の名簿上でニューヨーク近郊にお住まいと思われる方々には既にお届けしておりますが、ご案内が届いていない方及び転勤・転居でご帰国又は他の地域に変わられている方は、OBAIESECホームページ( http://www.obaiesec.net )の登録更新フォームにてその旨更新をしていただければ幸いです。(OBAIESEC事務局より)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第3回ロンドン会のご報告

OBAIESECロンドン会が10月12日(水)にロンドン市内オクスフォードストリート近くの韓国レストラン「蘭」で開催されました。
前回6月に開催したにもかかわらず、11名と多くのOB/OGが集い、コリアンバーベキューや韓国焼酎を堪能いたしました。参加者の近況報告では夏休みを終えた方が多く、ロンドン近郊や欧州各国のお勧め旅行情報などの交換に花が咲きました。
なお、今回は山田正実さん(WALC/72卒)が日本にご帰国になるタイミングで開催されたことから、山田さんの送別会的な趣きもあり、英国滞在の様々な感想をお聞きする機会となりました。
また、萩原奈王子さん(SPLC/00卒)は、ロンドンでの留学を終えられ、9月に日本に帰国されました。 金沢宏(KOLC/94卒)記
出席者:遠藤恭一(WALC/71卒)、山田正実(WALC/72卒)、山脇知子(OCLC/80卒)、山口健一郎(KOLC/82卒)、森川央(KBLC/86卒)、狩野一彦(SPLC/88卒)、古住幸子(阪大IAESTE/91卒)、長與恭仁子(KOLC/93卒)、金沢宏(KOLC/94卒)、帆刈吾郎(TOLC/95卒)、坂井愛子(AGLC/96卒)
あまりにも盛り上がりすぎて写真を撮ることを忘れてしまいました。申し訳ありません。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第3回オバセック英国会のご案内

さて、英国OBAIESEC会につきましては、第1回(昨年3月)、第2回(今年6月)と会合を重ね、現役学生を含め10数名の英国在住者が集うなど活動を進めてまいりましたが、このたび第3回会合を開くことにいたしました。前回の中華に引き続き、第3回は下記の通りKorean Restaurantでの Sitting Dinner にいたします。アイセックを絆に英国での異業種交流・世代間交流で盛り上がりましょう。皆様、万障お繰り合わせの上ご参加ください。

             記
日時: 10月12日(水) 午後7時より9時
場所: RAN(蘭)
     58-59 Great Marlborough Street, London W1F 7JF
     Tel: 020-7434-1650
(場所は以下のURLの地図をクリック)
     http://www.london-eating.co.uk/3103.htm
     http://www.london-eating.co.uk/maps/3103.asp
会費: 35ポンド(現役学生には会費の割引あり)
その他: 英国在住のお知り合いのOB/OG がいらしたら是非お声掛け願います。
幹事: 金沢 宏 (Shinkin International Ltd) Mail
     長與恭仁子(UBS) Mail

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

シンガポール会のご報告

今回は、今までとは趣を異にしてイタリア料理店で開催しました。場所は、シンガポールのほぼ中央に位置する摩天楼・金融街の夜景、マーライオン、エスプラナーデ・ホール、海、夜空が見えるレストラン街の一角。(添付写真は、摩天楼・金融街の夜景が背景)レストラン2階のオープン・エアー・フロアーの一番景色の良いスペースを陣取りました。
今回初参加の在シンガポールOBAIESECer は、吉本真人氏(大阪市立大LC 83年卒、Toyota Motor)で阪神タイガースの大ファン。
今回初参加のゲストは、Ms. Charletto Sum-Yi Fung。(彼女は香港人ですが、OBAIESEC事務局の木梨氏からのご紹介で参加されました。以前、早稲田LCのホストで、資生堂でのアイセック研修を受けた経験を持っており、現在、Standard Chartered Bank Japan から、社内研修で、シンガポールに、11月まで、滞在とのことです。Scarlett は、旧ニックネームとのことです。)それに、平岡 磨依さん(平岡 真司さまの可愛いお嬢様で、約1ヶ月前にシンガポールに来られたばかりとのこと)と彼女のお友達でカナダから旅行で来られたハンサムボーイのコディーさんです。
今回2回目参加のゲストは、大芦 義男氏(東京大LC 67年卒、OBAIESECバンコック会よりのご参加で、シンガポールには、月に一度お仕事で来られています)です。
大人、子供合わせて、総勢18人といった多彩な顔ぶれとなりました。

P1000707_OBAIESEC.JPG
乾杯までに、ビール、ワインを食前酒として、堪能して頂いた後、一本S$120.-(7,800円)のシャンパンで、乾杯し、アペタイザー(生ハム・メロンとか各種盛り合わせ)、サラダ、スパゲッティーに、ピザと、これぞイタリア料理という定番メニューを味わいながら、シンガポールの暑い夜をエンジョイしました。
その後、フォーリーブス(シンガポールのケーキ屋さんで、北海道大LC 89年卒 のOBAIESECer宮村氏が経営しておられる)のケーキで、7,8,9月生まれの方の誕生日をお祝いしました。

今回の誕生日のお祝いは以下の方々でした。
吉本真人さま;9月生まれ
川口輝さま;9月生まれ(3歳になりました)
高崎裕さま;9月生まれ
武藤愛さま;7月生まれ(残念ながら、今回は、ご欠席)
川原康照さま;7月生まれ
次回は、11月下旬か、12月に開催したいなと考えております。横溝ファミリーが、来年ご帰国ということなので、次回は、横溝ファミリーや、まだ一度もご参加頂いてない方々も是非、参加頂ける様な日程を調整できればと考えておりますので、ご協力の程、お願い申し上げます。

ご帰国のご連絡;
鈴木 健二郎さま(一橋大LC 94年卒)が、今年の6月頃(?)に、ご帰国されました。確認・連絡漏れとなっており大変申し訳ありませんでした。この場をかりて、お詫び申し上げます。

<記:堀井清吾(関西学院LC 88年卒>

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

OBAIESEC香港会のご報告

これまで香港でオバセック会開催という便りが無く寂しい思いをしていましたところ、ついに!OBAIESEC事務局の木梨先輩から「インドで開かれるAIESEC Alumni世界大会の帰途に香港へ立ち寄ります。第一回目の香港会を開きませんか?」という趣旨のお誘いをいただき、9月8日、念願の香港会が産声を上げることとなりました。
事務局のデータベースによると、香港在住OBの登録人数は約10名。追跡作業の結果、私(芳賀)を含め7名のOBの所在を確認、そのうち5名が参加という出席率の高さでした。事務局の木梨さんを囲むため駆けつけたのは、尾崎紀夫さん(一ツ橋/65)ご夫妻、松村康裕さん(東大/79)、村上義弘さん(同志社/79)、藤嶋久子さん(慶応/97)、芳賀朝子(立教/97)。ふかひれスープに始まる中華コースを紹興酒とともに楽しみながら、その昔に台湾・香港でのアイセック立ち上げに関わられた尾崎さん・木梨さんのお話、アイセック中国エクステンションのこと、日本でのオバセック会の様子、アラムナイ世界大会でのエピソードなど、話題は途切れることなくお店の閉店時間まで続きました。

CIMG1147.JPG
私自身はその昔ITEPの研修生として香港に派遣されて以来こちらに住み着いた『準土着民』ですが、集まったメンバーは、こちらで起業されている方、駐在の方、滞在年数も1年から13年、出身LCも全員異なるなど、様々なバックグラウンドでした。にもかかわらず不思議と会話が弾むのは『アイセック』という共通項による効果でしょうか。
ご近所のシンガポールやバンコクでのオバセック会も盛況とのこと。アジア圏を横移動する在外邦人は多いので、海外オバセック会の横のつながりも広げられたら楽しいかもしれません。また、香港でも是非家族ぐるみでお付き合いできるアットホームな会にできたら素敵ですね、という話になりました。これをお読みくださった方の中で香港にゆかりの方は是非ご連絡ください。在香の方はもちろん、ご出張でお立ち寄りの方も大歓迎いたします。
最後に、会の発足を促してくださいましたOBAIESEC事務局に、この場をお借りして心より御礼申し上げます。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

香港会のご案内

この度、下記の日時・場所でオバセック香港会を開催することになりました。
これには、インドのアグラで開催されるアイセック・アルムナイ世界大会に出席するOBAIESEC事務局の木梨もその帰途に立ち寄り参加することになりました。
OBAIESEC事務局の名簿データベースによりますと、香港在住のOBAIESECerは10名近くはいらっしゃるようですので、是非ともご出席いただきますようお願い致します。当日ご都合のつかない方も、次回からのご案内もございますので、是非下記幹事までご連絡をお願い致します。
また、当日、香港にご出張でお時間のご都合がつかれる方も是非ご連絡頂き、ご出席頂ければ幸いです。

日時:9月8日(木)19:00 ?
場所:Butterfiled's Club 2/F Dorset House, Taikoo Place 979 King's Roard, Hong Kong
幹事:芳賀朝子(立教LC/1997) E-mail

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

AIESEC-U.S. アルムナイによる講演会のご案内

米国MITスローンスクールの起業家センター所長であるケン・モース氏(ハーバード大LC/1970)が来日し、下記にて講演されます。ご興味のある方は直接お申込みになるか、OBAIESEC事務局までお問い合わせください。

1.主催者:特定非営利活動法人日本MITエンタープライズ・フォーラム
2.開催日:2005年8月2日(火)
3.時 間:
18:00PM ?19:00PM ネットワーキング
19:00PM?21:00PM 講演会
   「公共政策にみる起業家精神」
   K.モース氏(MITアントレプレナーシップセンター所長
4.場 所:三菱総合研究所 2階大会議室  東京都千代田区大手町2-3-6
   http://www.mri.co.jp/PROFILE/office_map.html
5.セミナー参加費:3,000円(当日受付にてお支払ください)
6.お申し込み:ウェブサイトから
   http://www.mit-ef.jp/seminar_registl.php

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

AIESEC Alumni 世界大会

5月にご案内しましたように「アイセック・アルムナイ世界大会」が9月3?5日にインドのアグラで開催されますが、この世界大会専用のホームページが下記のURLアドレスでアップロードされていますのでご案内します。今のところ日本からは1名が参加の予定です。ご興味のある方はOBAIESEC事務局までご連絡ください。
URL: http://www.alumnicongress.com/

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

バンコック会のご報告

5月31日(火)にバンコックの日式レストラン「菜の花」で開催されました。今回は、バンコック在住のOBAIESECer 6人とタイ人アルムナイ4人の計10名が参加し、各々自己紹介をしがらとても楽しい時を過ごしました。
今回は時間がなかった割にはタイ側の参加者が多かったのですが、次回は時間をかければもっと集まるのでは・・・との予測です。
私も個人的に14年前に国際会議で会ったタイ人アイセッカーを探しており、当時の名刺を見せたところ(E-mailはなかったですから、当時は)、多分時間をかければみつかるだろうとのことでした。(Reported
by 恩田知広)

OBASEC-BKK2.JPG
<日本側>
大芦義男氏(TOLC/67);坂田昌鴻氏(DOLC/67);上島広一氏(KGLC/75)谷本敦氏(KOLC/81);鳥居香代さん(DOLC/90);恩田知広(AGLC/95)
<タイ側の出席者名>
Miss.Suphuksa-Churalongkong Univ. Miss.Chalika - Kasesart Univ. Miss.Pilaiwan Komonperin- UTCC Miss.Onramon - UTCC
UTT-University of Thai Chamber of Commerceの略です。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第2回ロンドン会のご報告

6月9日(木) 第2回英国OBAIESEC会を開きました。ロンドンの中華街ソーホーの新世界大酒家(New World)に12名が集結、広東料理を楽しみつつ和やかな一夕を過ごしました。
1971年卒から2000年卒まで、所属したLCも小樽商大、早稲田、慶応、東大、立教、青学、神戸、阪大と幅広く、また男性7名、女性5名とバラエティに富んだ出席者を得ました。 英国在住が確認できているオバセッカーは約20名につき、出席率も良好です。 昨年に続いての出席者が7名、新規出席者が5名でした。
幹事の狩野さん(88立教、Zeon Chemical Europe, FD)が開会の辞、ついで会長の遠藤さん(71早大、英国三井物産社長)の音頭で乾杯、各自自己紹介の後は歓談が尽きず、3時間に及ぶ楽しい会合となりました。
シニアから若手までそれぞれに意気軒昂で、相互に啓発される良い機会になりました。 所属する業界も広く、中には税務やトラベル関係の専門家もいてすぐに役立つアドバイスを得られるというメリットもあり、互助会の機能も果たしそうです。
年1回ではもったいないとの意見が多数を占め、とりあえず次回は9月と決めました。次回幹事には若手の長與さん(93慶応)と金沢さん(94慶応)が選ばれました。シンガポールOBAIESEC会が盛況の由ですが、英国OBAIESEC会も負けずに後を追います。
山田正実(72早大)記
obaiesec 9.6.05.jpg

出席者リスト:遠藤恭一(71早大);山田正実(72早大);山脇知子(80小樽商大);山口健一郎(82慶応)森川 央(86神戸);狩野一彦(88立教);古住幸子(91阪大);長與恭仁子(93慶応)金沢 宏(94慶応);小山 貴(96東大);坂井愛子(96青学);萩原奈王子(00立教)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

シンガポール会のご報告

今年度3回目のシンガポール会が6月4日(土)6時半より、シンガポールのオーチャード通りにあるコカ・レストランにて開催され、そのご報告が幹事の堀井氏より届きました。今回は、新たに来星された方々の歓迎会と4?6月の誕生日会ということで、大人15名とお子様5名が参加され、タイ風スキ鍋料理で、野菜、海鮮、各種肉類を堪能。ビールもたっぷり飲み、大変に楽しく盛り上がったようです。当日のバースデイ・ケーキは、宮村氏がMDのお店フォーリーブス製で、双子座の愛らしい絵の描かれたホワイトチョコがのった、大サイズのイチゴショートケーキでした。

P1010170.JPG
<参加者>順不同
加藤(針原)裕美さん(KOLC)とご主人、平岡真司氏(DOLC)、宮村芳孝氏(HDLC)、武藤潤氏(KOLC)とご家族、北瀬啓治氏(OCLC)とご家族、下村勝紀氏(KTLC)、川口潔氏(DOLC)とご家族、高崎裕氏(AGLC)と奥様、堀井清吾氏(KGLC)とご家族

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

インドで開催のInternational AIESEC Alumni 大会

『アイセック・アルムナイ世界大会』がタージ・マハ?ルで有名なインドのアグラで9月 3 - 5日に開催されます。世界中から120 - 150名のアルムナイが参加するようです。
日本からも出来るだけ多く参加して欲しいとお馴染みのGoel氏から呼び掛けが来ております。参加を考えている方がいらっしゃいましたら事務局まで御一報ください。
詳しくは、http://www.ic2005india.org/alumnicongress/ をご覧ください。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第2回OBAIESECロンドン会のご案内

第1回会合は現役を含め10数名の英国在住者が集い楽しいひとときを過ごしました。前回は立食にしましたが英国在住OB/OGの概要がつかめましたので今回は以下の通りソーホーの中華での Sitting Dinner にします。アイセックを絆に英国での異業種交流・世代間交流で盛り上がりましょう。皆様、万障お繰り合わせの上ご参加ください。
                  記
日 時: 6月9日(木) 午後6時半より8時半
場 所: New World Chinese Restaurant (新世界大酒家)
     1 Gerrard Place, London W1D 5PB Tel: 020 7734 0677 or 020 7734 0396 (場所は以下のMultimap )
www.multimap.com/map/browse.cgi?lat=51.5123&lon=-0.1303&scale=10000&icon=x
会 費: 35ポンド  (現役学生には会費の割り引きあり。ただし割引額は参加人数・構成で決めます。)
RSVP: 6月2日(木)までに、下記幹事へご出欠の連絡をEメールでお願いします。
  また英国在住のお知り合いのOB/OG がいらしたら是非お声掛け願います。
幹 事: 狩野一彦(Zeon Chemicals Europe Ltd.)kazuhiko.kano@zeon-eu.com
     山田正実(Willis Limited)mpyamada@aol.com 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

インドで世界アルムナイ大会

昨年10月にシシリー島で開催された世界アルムナイ大会には、日本からも黒木氏(早稲田LC/64卒)が参加されましたが(この時のレポートは当ホームページかわら版海外OB・OG会の2004年11月25日の項をご参照下さい)、今年はTaj Mahal で有名なインドの Agra という所で9月3?5日に開催されることになりました。サロン・ド・アイセックに時々参加しているAbhishek
Goel氏から、日本のOBAIESECの皆さんに是非とも多数参加して欲しい旨の要請が参りましたのでご案内します。詳しくは下記のPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。
Download file

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Annual Alumni Beer Party in New York

AIESEC Alumni International, AIESEC United States, and the Local Committees in New York present….."The Fifth Annual AIESEC Alumni International Beer Bash" AIESEC alumni, staff, members, and trainees are invited to attend this annual event.
DATE: Friday, June 24th
TIME: 5-8pm
PLACE: At the elegant confines of the Nemati Collection Gallery. 1059 Third Avenue, 3rd Floor (near 63rd Street) - graciously hosted by alumnus Darius Nemati
RSVP by email to Tom Prevetti ( tprevetti@yahoo.com )
Looking forward to seeing you soon. Tom Prevetti

( NY 近郊にお住まいの方、この頃NYにご出張の方、ぜひ出席してみてください)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第1回OBAIESECバンコック会

先週の土曜日、3月26日にタイのバンコックで第1回OBAIESECバンコック会が下記のように開催され、幹事の坂田昌鴻氏(同志社/1967)と恩田知広氏(青学/1995)のお二人から報告が入りました。

第1回OBAIESECバンコック会
開催日時:3/26(土)11:00-13:15
場所: Four Season Hotel イタリアンレストラン Biscotti、バンコック

内容(ホテルのロビーにて):
A 自己紹介ー参加者5名: 大芦義男氏(東大/1967)、谷本 敦氏(慶応/1981)、鳥居香代さん(同志社/1990)、坂田昌鴻氏&恩田知広
B 活動内容の確認(以下のように段階を踏めたら嬉しい)
1 懇親会
2 勉強会
3 AIESEC-Thailandのアルムナイとの交流
C 会費:なし(基本的に都度割り勘)
D 開催頻度:2ヶ月に一度程度
E 担当:幹事ー坂田昌鴻氏; 事務担当ー鳥居香代さん; 勉強会担当ー谷本 敦氏; 広報担当ー恩田知広
Fその他:メンバー募集活動:数ある日本人向けフリーペーパーにOBASECバンコク支部についての情報を載せてもらう
G 恩田の宿題:AIESEC Thailand Alumni の存在について調査。
*1年ほど前、AGLC現役の間ではタイのアイセックが除名の危機にあるとの話をきいた。
*チュラロンコーン大学など、各自知り合いで出身者がいたらAIESECの存在を聞いてみる。
H 当日の写真:
OBASEC-BKK1-26MAR05.jpg

以上、恩田知広氏よりのご報告で、以下はバンコック会幹事坂田昌鴻氏よりのメッセージ。 本日、かねてより予定していましたOB-AIESEC BKKの初会合をFour Seasons Hotelで開く事が出来ました。とても美味しい昼食をいただきながら話が弾みました。上島さん、長浜さんのご両人はお仕事の都合で残念ながら欠席でしたが、合計5名が参加し、とても楽しく、また夫々の方の貴重な経験談など、親交がもてました事をうれしく又有り難く思います。
なお、今回、事務関係を鳥居香代さん、広報を恩田知広さん、勉強会担当を谷本敦さん、幹事を坂田昌鴻が担当することになりましたので報告を致します。
皆様のご協力を得て、また皆様が智恵を出してくださり、AIESEC精神(私なりに申し上げれば、何事にも積極的な思考と行動に裏づけされたパイオニア精神)を持ってこの会を支えていただきたいと願う次第です。
皆様とご家族のタイでの生活とご健康を心から祈り今回の初会合のコメントと致します。有難う御座いました。

坂田昌鴻、OBAIESEC BKK会幹事

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

シンガポール会

OBAIESECシンガポール会では、バンコック在住の大芦義男氏(東大LC/1967)がご出張で来星された3月11日に歓迎会が開かれ、その報告が下記のように届きました。

今回は、大芦先輩の歓迎会、初参加の方の歓迎会ということで、チャイムス内の牛角(ぎゅうかく)で、腹一杯食べました。7時スタートだったのですが、大芦先輩を除く、皆が遅刻ということで、大芦先輩、申し訳ありませんでした。学生時代、関学大では、アイセック・タイムといって、時間通りに始まらない・集まらないアイセック現役学生の時間のルーズさを表す言葉がありましたが、思わず、学生時代のことを思い出し、冷や汗をたらしながら、牛角へ向かって走っておりました。

参加者は、
大芦 義男氏 (67年卒東大LC);川添 華子 さん (98年卒東大LC);堀井 清吾 本人 (88年卒関学LC)
+堀井の妻+堀井の息子の合計5人でした。

みんなお互い初めての顔合わせでしたので、名刺交換と自己紹介から、スタートしました。特に、大芦先輩の1967年頃のAIESEC の話なんかは、非常に興味深く、聞かせて頂きました。北海道旅行の話や、日独学生交換プログラムの話が印象に残っております。料理は、焼肉のセットを注文し、2人前のはずでしたが、食べきれないくらいに出てきました。少量でしたが、一品で注文した和牛は、値段は高かったですが、さすがに美味しかった様でした。(小生は食べそびれて、息子に取られてしまった。残念。)
話がはずみ、10時過ぎまで、長居してしまいました。いつか、きっと、タイとシンガポールの合同会をやろうという話で、お開きとなりました。(堀井清吾)


DSC04816.JPG

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ロンドンでオバセック会

山田正実氏(早大72)、遠藤和也氏(東大89)の肝煎りで3月17日(水)にロンドンで第一回オバセック会を開催するとの連絡が入りました。
OBAIESEC事務局の名簿では、英国に在住されていると思われる方々が約40名いらっしゃいますが、決して最新のものではないようですのでロンドンでのオバセック会にご興味のある方は是非事務局までご連絡をお願いいたします。メールアドレスは、kinashi@obaiesec.net です。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

OBAIESECシンガポール会のご報告

Newsletterでもご紹介しておりましたOBAIESECシンガポール会が2月27日(日) Raffles Place のUOB Plaza 60階にある『四川豆花飯荘』で開催されました。以下、お世話役の堀井清吾氏(関学LC/1988)より届いたメールをご紹介します。

残念なことに直前になって、川口さん(同志社LC/1989)の一番下のご子息が、手足口病にかかってしまわれてドタキャンということのなりました。そして、私の息子も前日に水疱瘡にかかっていることが発覚し、医者より、一週間外出禁止令が出て、息子と家内(子守りの為)が不参加となってしまいました。皆様のお子様の学校では流行っていませんか、ご注意下さい。

ということで、参加者は、3/26 に上海へご転勤なさる日置一浩さん(小樽商LC/1994)と日置章子さん(滋賀LC/1994)のご夫妻とお嬢様お二人。約2週間前にシンガポールに赴任されたばかりの武藤潤さん(慶応LC/1991)。昨年の10月頃にフランスからシンガポールに赴任して来られた高崎裕さん(青学LC/1992)と奥様。シンガポールでは珍しい女性駐在員の斉藤著更さん(名古屋LC/1998)。シンガポール在住のOBAIESECer の中では一番若い川原康照さん(同志社LC/2001)。それに、家内と息子が急遽留守番で不参加となった堀井清吾の10人でした。

UOB Plaza の60階にある『四川豆花飯荘』は、とても見晴らしが良く、夜8時頃には、シンガポールの夜景が綺麗で最高でした。このレストランは、カンフー茶(?)と呼ばれる中国茶の注ぎ方に特徴があり、注ぎ口が極端に長い(50cm以上もある)急須で、少しアクロバティックにお茶を入れてくれるのです。(この時点で、私のデジカメにメディアが入っていないのが発覚し、大ショック)

初めて参加された方の歓迎会を兼ねておりましたので、自己紹介・ご挨拶からスタートし、次から次へと出てくる、とても豪勢な料理を、とっても美味しく頂き、いろんな話題に花を咲かせて、とても楽しく過ごしました。料理とデザート終了後に、宮村さん(北海道LC/1988)経営のケーキ屋さん(かの有名
な"FourLeaves")で買った誕生日ケーキにキャンドルを灯して、バースデー・ソングをみんなで歌い、2月生まれの武藤さんと斉藤さんをお祝いして、皆でケーキを食べました。既にお腹いっぱい状態でした。最後に主賓の日置さんから、「上海でも、アイセックのOB会をやるぞ!」という頼もしいご挨拶を頂き、会は締めくくられました。

日置さん、上海でも、お元気で、ご活躍されることを心よりお祈り申し上げます。
(シンガポール・OB-AIESECer 一同より)

そして本日、タイに住んでおられる大芦さん(東大LC/1967)から、メールが届き、シンガポールには月に一度仕事で来られており、是非、シンガポールの会にも参加したいとのことでした。次回は、大芦さんを迎えての会にしたいと思っています。


SING OBAIESEC_2_27_05.JPG
(デジカメにメディアを入れ忘れた私は撮影することが出来ませんでしたので、この写真は斉藤著更さんのカメラで撮って頂いたものです)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

シンガポール支部会忘年会

先週の金曜日(12月10日)にOBAIESECシンガポール会の忘年会が開催されましたのでご報告をさせて頂きます。
参加者は、北瀬啓治さん(小樽商LC/1988)とご家族(奥さまとご子息)横溝理津子さん(広島LC/1991)とご家族(お嬢様お二人とご子息) 堀井家は、私、清吾(関西学院LC/1988)と家族(妻と息子)の合計10人(大人5人、子供5人)でした。
厨ダイニングの12人用の個室で、楽しく過ごしました。セット・コースをオーダーし、ビール、熱燗、ワインを美味しく頂きました。お酒を飲めない方には、ごめんなさいでした。子供たちも、ざるそばとか、お餅とか、おいしそうに食べておりましたが、しばらくすると、大騒ぎになりまして、遊んでいたおもちゃが、天井に張り付いてしまって、店員さんを困らせたりして、かなり盛り上がりました。(犯人は、堀井家の息子??)
次会の集まりのこととか、どんな集まりをしようかといった相談して決めようかと思っていたのですが、その時間もなく、あわただしく、あっという間に、しかし、非常に楽しく時間が過ぎてしまいました。
新年明けには、また、違った趣向で、集まりたいと思っています。日本食続きなので、非日本食、食事会以外では、ボーリングといったアイデアが出ています。また、やっぱり、BBQ
だという意見もありました。男だけで、じっくり、日本酒を飲もうってのもありました。ダック・ツアー(水陸両用自動車に乗って、シンガポール観光ってやつ??)興味ある方おられますか?おられれば、企画します。話しの種に、個人的には、トライしたいと考えています。いろんなアイデアあれば、連絡下さい。ひとつずつ、実行したいと思います。1月生まれの方おられましたら、お申し出て下さい。誕生日ケーキ準備しておきますので...。
堀井

Singapore_12_10_04.JPG

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

シンガポール支部会の忘年会

今年3月にスタートしたオバセック・シンガポール支部会です。早いもので、あっという間に12月になってしまいました。これまで、シンガポールに赴任された方の歓迎会、帰国された方の送別会、誕生会、それに、シンガポールのアイセック・アルムナイとの交流等活発に行って来ております。今回は、忘年会のご案内です。メンバーの方々には既にご連絡を差し上げていますが、もしもご連絡が届いていない方がいらっしゃいましたら下記まで是非ご連絡をお願い致します。
2004年の忘年会: 日時:12/10(金) 7:00pm より
場所:Kuriya Dining(Great World City 内)
   Tel:6732-2912 連絡先:堀井清吾(関西学院大LC/1988)
    Mail: horii@nichicon.com.sg 携帯: 9625-0550
参加可否のご連絡が未だの方は、至急ご返事下さい。
12月誕生日の方、いらしたら、ご一報下さい。12月誕生会も兼ねて、ケーキを準備しておきますので...。ご家族揃ってのご参加も大歓迎です。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

世界のアルムナイ、シシリー集会

世界のアルムナイが去る10月15日シシリー島のシラクーサに集まり、旧交を温め、新しい出会いを楽しみました。ドイツから4名、イタリア、トルコ、チェコ、アメリカ各2名、ベネズエラ、ベルギー、イギリス、日本、スイス各1名の出席でした。
第1日目はシラクーサの古代ギリシャ/ローマの遺跡を見学、第2日目午前は同島出身のGiovanni 氏の案内でノトの街の見学。午後は地元から講師を招いて「シシリーの観光開発」と「シシリーマフィアの現状と対策」という講演を聴き質疑しました。夜はシチリアンフードとワインでのパーティーです。
3日目は来期の会の運営を話し合い、来年はモスクワで集まりサンクトペテルブルグ方面の観光を計画しようと言うことになりました。世話人代表(委員長)に IvanLeis 氏を決めて昼食で散会、シシリー島の Study Tour(観光旅行) に出発しました。
アイセック国際本部は2年前アルムナイネットを立ち上げましたが、現在は立ち消え寸前です。一方AIESEC Alumni International は毎年1回の交歓会を中心に活動、今年で17年を迎えました。名簿記載の会員数も 800名にのぼります。9.11事件以降集まりが鈍りましたが、来年はロシア、2年後はアメリカ、3年後の2007年は日本かハンガリーで集まろうと話
し合われています。
                           (黒木美芳/早稲田LC/1964卒)
AAI.Sicily.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

OBAIESEC in UK 懇親会のご案内

AIESEC OB/OG の皆様へ
春の兆しも見え始めた今日この頃、皆様ご健勝のこととお慶び申し上げます。さて突然ではございますが、このたび英国におけるアイセックOBの懇親会を企画しました。 
AIESEC Japan Alumni 事務局の名簿によりますと約40名の OB/OG
の方が英国でご活躍のようです。昨今、日本国外でのオバセック会合も盛んで、近くは昨年11月にニューヨークでも開催されたとのことです。学生時代の旧交を温め、新たな交友を広げ、業種を超えて幅広く情報交換を行うまたとない場となるものと思いますので、奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

         記

日 時: 3月17日(水)午後6時30分から午後8時30分
場 所: Willis Limited 社の “Red Room”(5F)
にて  Ten Trinity Square, London EC3P 3AX, TEL: 020-7488-8071 地下鉄 Tower Hill
駅より徒歩1分(添付地図ご参照)  当日GFに案内板出しますが、受付にて入館証を得て案内を受けてください。 
スタイル: 立食(飲み物、フィンガー・スナックおよび寿司) 会 費:  30ポンドの予定(通信費等雑費を含む。現金でお願いします。)
RSVP: 出欠につき恐縮ながら3月9日(火)までに遠藤(1990年東大)まで出来ればメール(kazuya.endo@mofa.go.jp)、場合により電話(020
7465 6586)で御連絡願います。  発起人:遠藤恭一(三井物産)TEL: 020-7822-0501 E-mail:
ky.endo@xm.mitsui.co.jp 幹事: 山田正実(Willis Limited)TEL: 020-7488-8071 E-mail:
yamadam@willis.com 幹事: 遠藤和也(日本大使館)TEL: 020-7465-6586 E-mail:
kazuya.endo@mofa.go.jp 幹事: 狩野一彦(日本ゼオン)TEL: 01446-725450 E-mail:
kanok@zeonchemicals.com

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

第1回APアイセック・アルムナイ会議@シンガポール

私はこの度、シンガポールで開催された第1回アジア・パシフィック・アイセック・アルムナイ会議にOBAIESECを代表して出席して来ましたので、その簡単なご報告をさせていただきます。
アジア・パシフィック地域に於けるアイセックは、1961年にドイツ人AIESECerであったBernd Thomasによって、日本、インド、香港、フィリピン、台湾、韓国に紹介されたことから始まります。1966年の夏に、東大LCの伊藤伸一さんと私が日本委員会によるアジアへのExpansion Consolidation計画に沿って東南アジア6ヶ国(台湾、フィリピン、タイ、マレーシア、シンガポール、香港)を廻った時には、僅か台湾にその痕跡があっただけのように記憶しています。その後も、1970年に開かれた東京コングレスまで、IAS(当時のアイセック国際本部)のAsian Regional Coordinatorとしてアイセックをアジアに拡げ、根付かせるということで学生生活のすべてをAIESECに捧げた私にとっては、当時、みんなで苦労して蒔いた種が今まさに咲き誇っている櫻の花のように感じられた感無量の数日間でした。

Singapore_alumni.jpg

あれから38年経っているわけですが、今回はじめて開かれたシンガポールでのアルムナイ会議には、15ヶ国(アジア以外も含む)から70名近く(シンガポールの現役を含む)の人々が参加していました。人数的には当然ながらシンガポールが圧倒的でしたが、マレーシアやタイをはじめインド、中国、香港、台湾からも参加者があり、当初の予想を超えた参加者数でした。日本からは、シンガポール在住の堀井さん(関学/1988)、松田さん(同志社/1990)、武田さん(関学/1996)、河原さん(同志社/2001)の4人が参加して下さり、十分に日本のプレゼンスを示すことが出来たことを嬉しく思っています。
アルムナイ活動は人数的には日本がアジアで一番多いのですが、組織的にはシンガポールとマレーシアがいずれも法人格を持つ組織として確り活動をしているようです。日本でも話の出ている「NPO法人化」を真剣に考える良い機会ではないかと感じました。その他の国では、台湾を除き未だ組織化にまでは至っていないようで、各国とも日本で6000人近くのアルムナイの名簿が整いつつあり、「サロン・ド・アイセック」という月例会が各地で開かれており、E-MAIL NEWSLETTERが定期的に発行されており、ゴルフ会が25年も続いているといったことに驚きをしめして、いろいろと質問攻めにあいました。因にシンガポールでも、毎月第一金曜日に市内の「ティー・ジョイ」というお茶屋(中国茶だけを出すお店でアルコールなしというのが不思議ですが)で月例会が開かれているようです。
今回の会議では、私の「アジアに於けるアイセックの歴史と日本に於けるアルムナイ活動」といった内容のスピーチ(近々、AIESEC Alumni Congressのサイト:www.aiesec-alumni.net/aaapc に掲載される予定)で始まり、「アイセック・アルムナイのビジネス・ネットワーク」とか「多国籍企業から学ぶ多国籍組織の作り方」「グローバルなコミュニティ活動」といった内容のプレゼンテーションで、アジア・パシフィック地域に於けるアイセックのアルムナイ組織をこれからどのように築いていけばいいのかが討議されました。
Alumni AP Congress at SMU.jpg
参加者のみんなが一致しているアイセック・アルムナイの役割は、やはりアイセックで築いた信頼と友情を卒業してからも持ち続けたい、それも国境を超えてということと、少なからずも自らの人生にポジティブに影響を受けたことからアイセックへのお返しをしたいといったことだと思います。中には、アイセックのアルムナイは各国に於けるビジネスリーダーが多いのだから、そのネットワーキングを推進することに意味があるノという意見も出ていましたが、そこは、あまり肩肘立ててやるよりは、長続きさせるためにもシンプルに交流を深めていき、結果としてお互いのネットワークが役立ったという方がいいのではないかと私自身は感じました。
また、その交流を深めるために、現在、AAI(AIESEC Alumni International;在アムステルダム)では、AIESEC Connect というWebサイトを立ち上げ、AIESEC時代の仲間探しが簡単に出来るようになっているということが、アイセック国際本部 (AI) の委員長から紹介がありました。今回の会議に出席した人々は皆これに登録しようということになりました。OBAIESECの皆さんも是非このサイト http://aiesec.net/alumni/ にアクセスして登録し、昔の仲間とのコンタクトを再開してみてください。実際に私も、今回の会議に出席する直前に、34年前にフィリピンのNCPをやっていた友人でその後全く音信不通だったRollie GosiengfiaoをこのAIESEC Connect で見つけ交流を再開することが出来ました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

英国オバセック会のご報告

年代的にも離れ、また殆どが初対面同士にもかかわらず、やはり連綿と続くアイセック活動という共通項ですぐに打ち解けて会話の花が咲いたのはさすがです。
 寿司とフィンガースナック(もちろんワインほかのお酒も)の立食形式で夕刻6時半にスタートし9時過ぎまで、時間の経つのがあっという間に思われる賑やかな楽しい会となりました。
 あらためてアイセックの強い絆を確認することができました。
若い世代には開発援助やNPO活動に関わる方も多く、世界中で多くのオバセッカーが活躍していると実感させられました。
 席上シンガポールで開催される Asian Alumni Congress と、併せて開かれる第1回シンガポール・オバセック会の披露をしました。 海外勤務者の多いオバセッカーには世界の何処に行ってもオバセック会が待っているという心強い時代が近付いてきたのではないでしょうか。
  英国オバセック会も会長に英国三井物産社長の遠藤恭一さん(71年早大)を選び、更なる発展を期すことを誓いました。
 これから英国に赴任される方、また既に英国に赴任されているOB/OGをご存知の方、事務局までご一報ください。 最後に幹事として奔走いただいた狩野一彦さん(日本ゼオン、88年立教)、遠藤和也さん(大使館、89年東大)、また開催に至るまで東京から叱咤激励の助言を下さった木梨恒寛さん(AIESEC Alumni Japan 事務局長)に感謝の意を表します。 山田正実 Willis Limited (72年早大)
London_03_17_C.JPG

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home > 05 海外 OB・OG会 Archive

Search
Feeds

Return to page top