Home

AIESEC Alumni Japan

AIESEC Runion 2016

先にご案内しておりました "AIESEC Reunion 2016" が去る3月13日(日)にオリンピック青少年記念センターで開催されました。この日は、国内総会に参加のために集まっている現役執行部の皆さんと、日ごろお世話になっているパートナー企業の方々やアルムナイが一堂に会しての貴重な時間を過ごすことが出来ました。また、「トライセクターの課題と未来」と題したパネルディスカッションでは、青山学院の平澤典男先生や株式会社スクーの森健志郎社長からアイセックとの共働プランを提示され、アイセックが提供するプログラムの価値を再認識する機会ともなっていました。

feda04d3-849c-4ae3-b73a-17784bf45319.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

3月サロン・ド・アイセック 東京

1997年に始まったサロン・ド・アイセックですが、今回222回にして初めて、OBAIESECビルの隣りにある元の「盛本」で開催しました。気軽に利用できるお馴染の店なので時間を気にする必要がなかったので10時近くまで、色々な話題で盛り上がりました。次回の4月7日(木)もこちらを予約しましたので、チョット遅くなってもやってると思いますので、是非覗いてみてください。

IMG_2607 (2).jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

アルムナイのグローバルポータル "AlumNet" へ登録を!

AJアルムナイの皆さま、

大変長らくお待たせしました!

待ちに待っていたアイセックアルムナイのグローバルポータルサイト"AlumNet" がいよいよスタートです!2012年に開発に取り掛かって以来、多くの専門家チームや各国のアルムナイEBメンバーによる献身的なボランティア活動によって、時間は掛かりましたがやっと実現する運びとなりました。

これにより、世界で活躍する何十万人ものアイセック・アルムナイが、より良い世界の実現に寄与するために、Connect(繋がり)、Collaborate(協働し)、Contribute(貢献する)ことが出来る、アクティブなグローバル・リーダーシップ・ネットワークを構築するアルムナイ・ポータルが出来上がったことになります。しかし、これも緒についたばかりであり、このポータルの真価や利便性を高めるには、偏にユーザーである我々アルムナイがどれだけ積極的に参加するかにかかっています。

つきましては、世界のアルムナイメンバーの登録が始まりましたので、皆さまも早速、下記URLより登録してください。

http://alumnet.aiesec-alumni.org

参考資料:Welcome to AlumNet_日本語版.pdf

何かご質問がありましたら事務局までメールにてお問い合わせください。

よろしくお願い致します。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

アイセック米国アルムナイ Ken Morse氏の講演

アイセック米国アルムナイのKen Morse氏(IAS AC 69-70)が来日し、下記のセミナーで講演をされます。ご興味のある方は是非ご参加ください。


MIT Association of Japan                            日本MIT会
MIT Venture Forum of Japan presents 日本MITベンチャーフォーラム主催
M33 Seminar "Innovation or Die," but How?

第33回セミナー 『イノベーションか死か!』 その課題とは

2016年2月のM33は、多くのベンチャーをIPOし、MITアントレプレナーシップセンターの立ち上げも行い、本フォーラムの設立に多大な貢献をされたケン・モース氏と長年にわたりIHIの企業内で様々な新規事業を牽引された中川幸也氏をお招きして、大企業内におけるイノベーションについてご講演いただきます。(英語及び日本語)
February M33 invites Ken Morse, the Founding Managing Director of the MIT Entrepreneurship Center, and a great contributor to this Forum. He is joined by another impressive speaker, Dr. Yukiya Nakagawa, an engine of Innovation for IHI Corporation and its subsidiary and affiliated companies since the 1980s. Both experts will speak on the subject of driving strategic innovation in the case of large scaled corporations.

Ken Morse.jpg

今日、日本では多くの経営幹部が『イノベーションか死か!』としばしば口にします。しかし、そもそもイノベーションとはどのように起こすのでしょうか。様々な形のイノベーションが存在し、達成への道も多岐に渡ります。本セミナーでは、漸進的イノベーション、根本的イノベーション、またはオープンイノベーションを実践するにあたり、何が課題となるのか考えてみましょう。
Many Japanese CEOs often say 'Innovation or Die. But, how do they implement the innovations? We have various types of innovations, and yet the success factors are diverted. In this seminar let us review the critical factors for the original, fundamental and open innovations.

■日時/ Time and Date: 2016年2月20日(土)15:00-17:00(終了後、軽い懇親会を予定)/Feb 20 (Sat)15:00-17:00 (a light party after)

■場所: 銀座フェニックスプラザ 紙パルプ会館 3階会議室
東京都中央区銀座3-9-11/Ginza 3-9-11, Chuo-ku, Tokyo
/Kami Pulp Kaikan 3F Conference Room in the 'Ginza Phoenix Plaza'

地図: www.kamipa-kaikan.co.jp/access.html

■参加費(懇親会費含む):3000円/Participation Fee, including the networking party: ¥3000

※ 前日12:00までの事前登録をお願いいたします。オペレーションをスムーズにするため、事前登録にご協力お願いいたします。For the smooth operation, your advance registration by noon Friday 19 FEB is kindly requested.

※ MIT-VFJ正会員、日本MIT会会員で事前登録をされた方は1000円になります。事前登録 FEBなしの参加は正会員も3000円となります。ご理解のほどお願いいたします。Members of MIT-VFJ and MIT-AJ pay   ¥1000, but only when advance registration made.
Otherwise the fee becomes¥3000.

*本イベントはオープンです。どなたでもご参加いだけます。お知り合いやご友人にもご紹介ください。 This event is open to non-MIT members as well. Please bring in your friends and those who may be interested in this important and vital topic.

≪Ken Morse氏略歴≫
シリアルアントレプレナーであり、また企業革新分野の権威として知られる同氏は、MITの友人らと共に、技術会社を6つ共同設立し、そのうち5社をIPOもしくは合併という形で成功に導いた。(残りの1社は悲惨な結末ではあったが...)。
ここ20年強の間は、ボストンのMIT アントレプレナーセンターの創業取締役に始まり、現在のバルセロナでのESADE ビジネススクール 客員教授に至るまで、日本、ヨーロッパ、米国の大手企業や地方自治体に対して、イノベーション戦略における様々な局面で助言を行ってきた。これまで延べ160回以上来日し、北は北海道から南は九州まで、様々な大手製造業やエンジニアリング企業の活動に関わってきた。同氏曰く:「イノベーション=発明×商業化である。そのどちらかが欠けても、先には進めない」
Ken Morse is a serial entrepreneur and recognized authority on Corporate Innovation, having co-founded six innovation-driven tech firms with MIT friends and classmates. Five were successful - - either IPO or merger - - and one was a disaster. For the last 20+ years, first as Founding Managing Director of the MIT Entrepreneurship Center in Boston [1996 -2009], and now as Visiting Professor at ESADE Business School in Barcelona, Ken has been advising major firms and regional governments in Japan, Europe and USA on various aspects of their Innovation strategies. Ken has made more than 165 business trips to and throughout Japan, working with major manufacturing and engineering firms from Hokkaido and Honshu to Kansai and Kyushu. He also lived and worked in China for eight years during the latter half of the Cultural Revolution. Ken believes that Innovation = Invention x Commercialization: If either one is zero, no progress is made.

≪中川幸也氏略歴≫
同氏は1980年代から、株式会社IHIやその子会社、関連会社のイノベーションを牽引してきた。IHIにおいて彼は長年、研究開発部の責任者や理事を務め、革新戦略を生み出した創始者である。現在、IHIの、とくに新規事業開発、オープンイノベーション、高温材料や溶接関連の顧問。彼はIHIのKBK(商社)の委員会にも所属し、日本各地の公的、私的企業からイノベーションと起業制度について、数々の助言を行っている。
Dr. Yukiya Nakagawa has been an engine of Innovation for IHI Corporation and its subsidiary and affiliated companies since the 1980s. During his IHI career, he served as Head of R&D and a Board member for many years. He is the father of Innovation strategies throughout IHI. Currently, Yuki-san serves as IHI Advisor for New Business Development, Open Innovation, High Temperature materials, and welding, among others. He is on the Board of KBK, a trading company, partially owned by IHI, and is frequently called upon for advice on Innovation and Intrapreneurship by public and private companies across Japan.

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

アイセック・アルムナイのバリュー

昨年夏にインドのグルガオンでアイセック・アルムナイ・インターナショナル(AAI)の世界大会が開催されましたが、その折に発表されたプレゼンをご覧ください。アイセック・アルムナイの素晴らしいビジョン、ミッション、パッションがお解り頂けると思います。

下記のURLをクリックしてご覧ください。

AIESEC_Alumni_Values_-_for_discussionV1.pdf

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home

Search
Feeds

Return to page top